ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.6.13 23:55政治

舛添都知事をギロチンにかけよと熱狂する民衆


舛添都知事をギロチンにかけよという民衆の声が静まらない。

都議会でもマスコミでも、集団リンチが続いている。

 

たまごサンドを買ったのか?

中国服は書道に有効か?

出版社の社長は来たのか?

公用車で巨人戦や第九コンサートを見に行ったのか?

ケチな追及を政治家や民衆が大真面目にやっている。

 

自公が参院選への影響を恐れて不信任案を提出するかも

しれないそうだ。

選挙のためなら集団リンチに加わるという。

 

舛添都知事は給料ゼロで働くと言う。

タダ働きすると言ってるのに、それでも民衆は処刑台に上れ

と言っている。

 

次の都知事にはだれがふさわしいかと都民に尋ねたら、

東国原とか橋下徹とか言っている。

面白そうだからとか、大阪で頑張ってたから東京でもとか

言っている。

こんなバカどもが巨額の費用を使って、また面白いか否かの

判断基準でリーダーを選ぼうとしている。

 

まさに『民主主義という病い』だが、この多数派の暴動を

個人で止める術はない。

テレビに識者で出てくる者も、辞任の必要はないなどと

言おうものなら炎上して、次のテレビ出演はないだろう。

そもそも集団リンチに加わらない識者などメディアには

声もかからない。

 

「レ・ミゼラブル」のエピソードに倣って、コソ泥には

銀の食器を与えよ、反省して死にもの狂いで働くからと

言っても、聞く耳を持たない。

 

誰もが追及しやすいケチな金額だったことが舛添のミス

だった。

石原元都知事のように、週3日しか都庁に出て来なくて、

舛添とは比較にならないほどの公私混同の贅沢三昧をして、

新銀行東京の設立に都税1400億円を突っ込んで失敗しても、

民衆は全然怒らない。

民衆とはそうした愚昧な連中なのだ。

 

『民主主義という病い』はもう脳髄に達していて、

治療不可能である。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ