ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.9.5 15:54日々の出来事

「人格攻撃」なんて言う寝言


ちょっと書いておきたいことがある。

秘書の報告では馬鹿なアンチ小林よしのりが「人格攻撃」

をするなと言ってるらしい。

またそれか!

 

わしは初期『ゴー宣』からずっと批判か人格攻撃か区別が

つかないようなやり方をしてきたのだ。

左派の人格攻撃をしているときは右派が喜び、

右派の人格攻撃をし始めたら左派が喜び、

それでも不動の『ゴー宣』ファンはただ楽しんで読んで

いたのである。

それは信仰ではない。

面白いから面白がっていただけだ。

 

数年前、皇統問題を描いている中で、竹田恒泰の過去の

スキャンダルを暴いて描いたら、一水会の木村氏が

「人格攻撃」をするのは卑怯だと、わしに面と向かって

批判してきた。

彼は竹田恒泰を信用していて、男系固執派なのだ。

 

そのとき一緒にいた堀辺正史氏と高森明勅氏が、わしを

擁護した。

自分たちは『ゴーマニズム宣言』の描き方が好きだから、

ファンなのだ、嫌なら付き合わない方がいいと言っていた。

小林よしのりと付き合うなら、この先、どう描かれてても

いいと覚悟しておかねばならないとまで、二人は言った。

恐るべき侍だなと思った。

こういうエピソードは忘れない。

 

わしは善人でも聖人でもないし、悪人の部分は大いにある。

わしが正しいことを、正しい言い方でしか描かない人に

なったら『ゴー宣』は面白くなくなる。

 

そもそも言論とは殺し合いのようなものだ。

『大東亜論』の読者なら分かるだろうが、民権運動の始めは

武力蜂起が失敗したから議論で戦い出しただけで、暴力と

議論は地続きなのである。

 

一つ間違えば「人格攻撃」どころか、「殺人」に繋がる。

WiLL」が民族派の青年に襲撃されたのもやむを得ない。

皇室に失礼過ぎる文章を載せたからだ。

わしがオウム真理教に暗殺されかかったのも仕方がない。

真実を描いてしまったからだ。

 

ネットの匿名性に隠れて、えらそうに「人格攻撃はよく

ありまちぇん」なんて言ってたって、クソとしか思わん。

時浦くんは、クソ文章は削除しなさい。

クソを説得しようなんて無駄だし、愛読者をイラつかせる

ことはない。

 

ネット民は本当に身の安全を確保してるから、えらそうに

屁みたいな文章を書き散らす。

プロには死線を乗り越える覚悟がある。

ちゃんと差別しなければだめだ!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ