ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.9.6 07:23日々の出来事

作家と経営者のバランスが難しい


すごく申し訳ないことをした。

二人の編集者から1週間くらいの差で、同じテーマで描いて

くれと依頼があり、先に依頼された方にすでにOK

出していた。

 

あとで依頼してくれた編集者には、同じテーマだったので、

驚いてしまって、一瞬「マズい!」と思ってしまい、

言葉を濁して誤魔化していたのだが、結局、もう一度言われ

たときに、実は・・と事情を説明することになった。

 

もっと、いっぱい描けたらなあ。

なんで漫画ってこんなに時間がかかるのだろう?

依頼されることはありがたいことであり、期待に応えたい

のだが、『大東亜論』以外に漫画の描きおろしは、年に一冊、

スタッフが相当頑張るなら二冊が限界だ。

 

来年は『ゴー宣special』と『おぼっちゃまくん』の二冊を

必ず出す。

「今、描きたいもの」が、わしほどコロコロ変わる作家も

珍しいかもしれんが。

 

昨日、仕事場に行って、会社の方針について説明したのだが、

驚くことにわしの覚悟を一番分かってくれてたのは、ポカQ

だった。

わしの描く社会問題には全然興味がなく、普段すぐ熱出して

休んでるポカQが、案外、上に立つ者の苦労をよく分かって

いるのだから、人間は分からない。

 

ツカサのウイークリーマンションの社長が、今は福島で年金

だけで暮らしているとポカQが神妙に話していた。

落ちぶれた者の情報には敏感で、小心者だから、我が社が

いつ解散になるかという心配をしている。

「こち亀」の最終回より、秋本治のスタッフは解散なのか

と気にしていた。

 

漫画家なんてホームランか三振しかないばくち打ちの身分

だから、確かに将来が全然見えない。

だが、いったん全財産を失ったポカQが、老後に貧困に

落ちないようにするまでは、わしも働かねばならない。

 

作家と経営者、この両面のバランスをとるのが、難しい。

幸いにして描きたいものが尽きることがないから、あとは

年齢との勝負になってきている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ