ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.2.13 01:47日々の出来事

絵の上手さと漫画の上手さ


最近、絵のことを褒められる機会が度々あるが、妙に

複雑な感覚が襲ってきて、あまり嬉しいと思わない。

 

「東大一直線」でデビューしたとき、「日本一絵が

ヘタな漫画家」とか「インクのシミ」とか言われたが、

一方で「この絵がいい」とか「ピカソみたいでいい」

とか言う人もいた。

 

人は絵がリアルに近づけば上手いと言う傾向がある。

デッサンが出来たものすごい画力の漫画家は最近多い。

いや、画力のある、上手い漫画家ばかりになってきて、

漫画誌は衰退に向かっている。

 

最近の漫画誌は「女子読者」に支えられている。

女子は「きれい」な絵が好きなのだ。

これが漫画家にとっては恐ろしい罠だと思う。

 

昔の「少年ジャンプ」は一流漫画を小学館や講談社に

独占されて、新人を大胆に起用したため、絵のヘタな

漫画家ばっかりだった。

だが、その絵のヘタさ加減の中に、強烈な個性があった

から、子供たちは、そこに反応したのである。

 

わしは漫画の絵の上手さは、画力の達者さとは、違うん

ではないかと思っている。

画力の達者さでは、プロの画家にはかなわない。

 

岡本太郎が言っていたが、「きれい」と「美しい」は

違うというのが、わしの感覚に一番近い。

 

こういう話を一般人にしてもしょうがない。

「笑えた」「興奮した」「面白かった」「このキャラが好き」

というような漠然とした読者の感想が一番うれしい。

 

絵が上手いと言われるようになったら要注意。

いかにデフォルメするか?

いかに勢いで描くか?

いかに毒を注入するか?

そう心がけていなければ、堕落してしまうと自覚して

いなければならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ