ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.5.11 22:59日々の出来事

山口敬之のレイプ事件は重要だ


週刊新潮の山口敬之のレイプ報道は凄かった。

山口が権力に媚びる怪しいやつだとは思っていたが、

女性に睡眠薬を飲ませてホテルに連れ込みレイプする、

そんな卑劣な獣だったとは。

 

しかしこのレイプ魔は安倍政権が重宝していた物書き

であり、安倍政権や安倍昭恵の弁明を買って出ていた

提灯ライターでもある。

だからこそ警察も逮捕状を取り消して、レイプ魔を

守ったのだろう。

 

権力というのはここまで恐ろしいことをするのだ!

共謀罪が一般人には適用されない、一般人は監視され

ないと信用するには、警察を信用しなければならない。

だが、レイプ魔の犯罪を見て見ぬ振りするような

警察を信用できるのか?

 

わしは警察には一定の敬意を払っている。

多くの警官は日々、日本の秩序を守る使命を果たして

いると思っている。

だが、官邸に近いからと言って、レイプ魔を見逃し、

被害女性をさらに傷つけるようでは、警察を全面的に

信用するわけにはいかない。

権力の手先になって、一般市民を守らない、傷つける

ことだってあるのだ!

 

共謀罪は権力には適用されない。

あくまでも市民に向かうのが共謀罪である。

共謀罪で、安倍官邸と、財務省などの共謀犯罪を防ぐ

ことはできないのだ。

 

山口敬之は「SAPIO」にも生前退位の件で、民進党の

陰謀論を書いて、安倍政権を守っていた。

こんな卑劣なレイプ魔に記事を書かせていた雑誌も、

本を出させていた出版社も、さんざん出演させていた

テレビ局も、猛省するべきだ。

被害を受けた女性が、山口レイプ魔のメディア露出を

見ていて、どれほど苦痛だったことか!

 

そして安倍昭恵はこのレイプ魔の「セカンドレイプ」的

弁解に「いいね!」を出して応援していたのだから、

常識というものが完全に欠落した人間だということが

よく分かる。

こんな女のために「公の奉仕者」たる者たちが、全力で

動き回り、今も全力で守ろうとしている。

この国の権力システムは狂っている!

 

森友学園問題、アッキード事件の闇は深い。

これを大した問題ではない、「しょーもない問題だ」と

葬ろうとする橋下徹や、花田紀凱の感性は恐ろしく

劣化している。

権力に靡いて、「王様は裸だ」と言えなくなったら、

おしまいだ。

「王様は裸だ」、これを何歳まで言い続けることが

できるかだな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ