ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.5.12 04:34その他ニュース

非人道兵器製造会社株で年金運用!?

現在、国民の年金積立金は
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
が運用しており、その構成は、
国内株式・外国株式各25%、
国内債券35%、外国債券15%で、
50%を株式で運用しています!

年金積立金の半分を
株式バクチにぶっ込んでいる
なんてバカな国はありません。

民進党・長妻昭衆院議員によれば、
「基礎年金の半分を株式投資で
 運用する国はない。
 アメリカの公的年金200兆円は、
 全部、元本保証。株は1円もない」
「カリフォルニア州では年金(CalPERS)を
 株で運用していると、政府は
 よく引き合いに出すが、
これは
 地方公務員の退職金の運用です。
 日本は公的年金。
どうせ国民は
 わからないだろうと、政府は
 都合のいいことしか言わない」
ということです。

これだけでも大問題なのですが、
長妻議員はさらに、その
年金積立金で
保有している株式の中に、
非人道兵器として有名な
クラスター爆弾の製造企業の
ものが含まれている
ことを明らかにしました!

この問題、今日の
東京新聞1面トップに
載っていましたが、
他の新聞はスルーのようです。

GPIFの株式運用は
代表的な株式指数に基づいて
ほぼ自動的に決まるそうで、
年金を増やすという原則から、
直接投資先を選ぶことはできない
というのですが、いくらなんでも
年金増やすために、
民間人に対する被害が特に大きい
殺人兵器の製造企業の株を買う
なんて非人道的なことが
許されるはずがありません。

実際、欧州ではこうした企業を
投資先から外す年金基金が
複数あるそうで、日本でも
そのような仕組みは必要です。

そうでなければ、どのツラ下げて
子どもに「道徳」なんか
説けるでしょうか?
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ