ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.7.31 07:02

「明治日本を作った男達」キャラの描写にワクワク!

大東亜論 第三部
「明治日本を作った男達」
今日も感想をご紹介します!!

「大東亜論 第三部」やっと購入しました。
義のため、国のため、武士の魂でもある
刀を捨て言論を選ぶまでの葛藤に圧倒され、
頭山満の奔放さに笑い、
台詞の端々に込められた教養と
九州愛に感銘を受け、熱いぜ、熱いぜ、
熱くて死ぬぜぇ~、と言いたいくらい
義に燃えた志士達の生き様を
これでもかと見せつけられ、
第一部、第二部よりも濃い、
大河と例えても過言じゃないくらいの
物語を満喫できました。 
面白かったです。
(尻毛屋さん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大東亜論、今日買って読みました!!
登場人物の表情がどのコマも
すごく魅力的で、じっくりぎっちり
味わって堪能させていただきました。

植木枝盛がいいですね? 
奈良原至もすごくいい!

読み進めていくと”民主主義の病”や
長谷川三千子さんの”民主主義とは何なのか”
の内容が頭をよぎりました。
日本の民主主義の萌芽、
五箇条の御誓文を説いた明治天皇の見識、
歴史を学ぶ箇所がたくさんあるのですが
今回は登場人物が皆更にイキイキと
描かれそちらにワクワクしてしまいました。
(松葉さん)



今回は特に各キャラクターの
表情、佇まいの描写が実に印象的で、
一度読み終えても、
キャラの顔を眺めるだけのために
パラパラめくってみたりも
しています。

歴史を学び現在に生かす
「論」の部分だけではない、
いろんな読み方、楽しみ方が
できる、他には例のない書が
『大東亜論』シリーズです!!
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ