ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.8.30 10:51ゴー宣道場

夫婦は【100%相性】

設営隊長和ナビィさんの
メールをご紹介します!



いつも道場にご夫妻でいらっしゃるTさん、
とても長い読者と拝察します、
また道場参加ももうかなりの回数を重ねて
おられるので、お顔とお名前が
一致しております(^-^)。

ご夫婦でゴー宣のテーマやよしりん先生の
作品について、日常の中で話せるって
ほんとに素敵なことですよね☆。

MLには参加しておられないけれど、
殆どレギュラーの参加者は多く、
顔見知りになって他の場所でバッタリ
出会うこともあり、ニコニコ
話しちゃうこともあります。
いつの間にかお互い知り合いの
つもりだったりして(^^)>;;。

やはり「ゴー宣道場」は一過性のもの
じゃないんだよね、何かをキャッチした
人には食い込んできて、繰り返し来たく
なるのだと改めて思います。
「表現者と倫理」の話題、遣り取りを
とても興味深く読ませて頂いております。
これは観たいっ!と映画館に足を運んだり、
本を買ったり、DVDを手に入れたり、
—ワクワクさせてそういう行動を起こさせる
≪突き抜けるもの≫が全てだと思います。
もう「作品至上主義」。

作家(表現者)って本当に凄いと思います。
己の感性を通すことで、無から有を作り出す、
その魂を飛翔させ、めくるめく独自な世界を
創造する、そしてそれを受け取る人達を
楽しませ感動させ、動かしてしまう。
—まるで神の業と通じます。

そして表現者こそは「情況は評価だ」
「態度は評価だ」を言い訳無用で
真正面から受けなければならない
人なのだと思います。

元々、只人・凡人にできることではなく、
倫理もなりふりも突き抜けたある種
“狂気”の刃物で彫刻していく面が
あるのではないかと畏れつつ想像して
おります。(だから多くの人々の心をとらえる)

ただし、「惹き付けられる」のはその作品に
深い普遍性があるからでしょう。
「常識の杭」が飛翔の根元に打ち込まれて
いるからこその広がり・躍動だと思います。
(以前ゴー宣で論じられていた
「常識の杭」の話です)

優れた作品を生み出す表現者の(私生活的)
エピソードは、何やら人臭いものや
ブッ飛んだものが多くて興味津々ですが、
「なるほど・・」と作品の深みや艶の
秘密を垣間見せてもらった気にも?!なります。

手加減なしの≪情況は評価だ!!≫を受けて
立たざるを得ない身が「表現者」で
あればこそ、一般的な社会の「倫理」
なんぞぶっ飛んで当然、と思います。
(観る方だってホントは「快楽主義」
ではありませんか。)


追伸—それから、夫婦は【100%相性】
だと思います。理想の夫像も妻像も無い、
どんな要求を並べても本来無駄;;
と思います。メッキやつま先立ちで
長く日常生活なんてできないですもの。

友人知人・周りを見ても、
子供達夫婦を見ても、ますます
「夫も妻も、【相性】以外ないよね・・」
と納得するばかり。歳を重ねれば;;
なおのことです。



夫婦は100%相性、
確かにそうだなーと思います。
他人が口出しできるわけでもないし、
他人と比べても意味がない。
例の牛乳石鹸のCMだって、
あれでも本人同士相性が合ってりゃ
それでいいわけだし。
(そうは見えんけど)
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ