ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.11.14 00:17日々の出来事

高山佳奈子という不思議な学者


「関西ゴー宣道場」は楽しかった。大成功だった。

高山佳奈子教授とは法務委員会でのひそひそ話しか

してなかったので、もう一度会って話してみたかった。

 

なんだか妙に面白い人だった。

『東大一直線』を読んで東京大学に入った人は、当時

多くて、ミュージシャンの小沢健二氏もそう言っていた。

 

だが高山氏の場合、小学生の低学年で読んでいたらしく、

その『東大一直線』が上品な漫画だと思っていたという

話には仰天した。

 

控室でわしが「高山さんって変な人ですよね?」と聞い

たら、「うん」と間髪入れず応えてくれた。

わしの推測が即証明された瞬間だった。

やっぱり変な人なんだ。

 

なにしろ刑法学者だから、ものすごく硬い話するのかと

思っていたが、「ゴー宣道場」での発言は、一般庶民でも

分かりやすく、押しつけがましくなく、柔和な話し方で、

なおかつ的確だったので、それも感心した。

 

道場終了後、アンケート用紙を熱心に読んでいる姿も

印象に残った。

 

さらに驚いたのは、山尾志桜里氏をガードして送る際、

高山氏は次の用事があるのに立ち去らず、なかなか

来ないタクシーをつかまえるために、ずっと我々と一緒に

協力してくれたのだ。

「先に帰ってもいいですよ」と言ったのに、山尾氏を

タクシーに乗せるまで、一緒にいてくれた。

その優しい人柄に、わしは感心した。

 

師範たちも、設営隊の人たちも、みんな高山さんが

気に入ったようなので、また、ぜひ参加してもらいたい。

わし自身も、もっと刑法のことを教えてもらいたい。

高山佳奈子さん、ありがとう。また出てください。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ