ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.11.17 10:08メディア

金慶珠、ゲス韓国人の勘繰り


デマ女・金慶珠は、わしが再び山尾氏と倉持氏を

組ませたのは、ゴー宣道場を有名にするための

「炎上商法」だとまでのたまった。

 

「小林よしのりさんが、実はこの二人をもう一回

一緒にさせたのはオレなんだと、で憲法改正する

にはこの二人のタッグがどうしても必要だっていう

のでやったって言うけど、そうすると当然メディア

がガーッと炎上しますよね。

で、言っちゃあ悪いけど、憲法改正に関する議論

や会合っていうのは日本全国でいろんなところが

あって、やっぱり憲法学者や、まあ弁護士とか、

法律家含めて、いろんな幅広い議論が行われて

いるんですね。

その中で小林さんが主導している、そのナントカ

道場?これがもう一気にそういう意味では

プロモーションができたわけですよね」

 

「ゴー宣道場」は私利私欲でやってるものではない。

「公論」を目指して、高森、笹、泉美氏らとやって

いるもので、倉持麟太郎もその師範の中の1人である。

 

倉持も、そして山尾志桜里も、我々「ゴー宣道場」の

同志であり、憲法改正の方向性が一緒なら、守ろうと

するのは当然である。

 

穏やかに「ゴー宣道場」の議論が進められればそれで

いいのだが、そこに週刊文春が張り付いて、急襲して

写真を撮ったり、公然とマイクを突きつけて、自白を

強要するから、わしは困っているわけで、しかも

デマ記事まで作ろうとしているから、その悪意を挫く

ためには戦争するしかない。

これはあくまでも防衛戦争である!

 

日本中に数ある改憲に関する研究会の中で、

「ゴー宣道場」を有名にするために山尾・倉持を

組ませて「炎上」させたなどと、金慶珠、よくそんな

卑しいことを思いつくものだ。

それが韓国人なのかもしれんが。

 

そもそも、「日本で最も有名な改憲研究会」になる

ことに、何の意味があるというのか?

だが金慶珠には、カネも有名になることも目的と

しない、公的価値だけを求めて行っている活動がある

ということが、全く理解できないらしい。

 

どーせ商売でしょ?

プロモーションでしょ?

炎上商法でしょ?

話題作りのために山尾・倉持をくっつけたんでしょ?

金慶珠には、そんなふうにしか、思えないらしい。

下種の勘繰りとはこのことだ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ