ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2017.12.1 15:47

なんという俗物か

パンダのシャンシャンが健やかに成長している。

おそらく上野では新作パンダグッズが溢れているに違いない。

行きたい。

でも行く時間がない・・・。

 

この1ヵ月、悶々と過ごしておりましたが、

今日、多摩地方での大学の講義を終えてから

思い切って上野まで足を延ばしてしまいました。

 

お目当ては、上野限定のパンダ柄ノートと、

パンダ時計(←こちらは見るだけ)。

 

で、パンダ柄ノートを売っている店に直行したら、

ななななんと売り切れ!!!

うえーーーん絵文字:泣く

そろそろゴー宣道場用ノートを新調しようと

思ったのにいいい絵文字:冷や汗

 

パンダ時計はどうだろう。

まだ売っているだろうか。

こちらも売り場に行ってみたら・・・

 

「あった!」

 

奇跡的にも、まだ残っていました。

ガラスケースに入ったおパンダさまを眺める。

3万円近い。

すっごい高いわけじゃないけど、

衝動買いできる値段でもない。

 

店員さんが寄ってきた。

「これ、上野だけのオリジナルのデザインなんですよー」

「知ってます」

「しかも、数量限定なんですよー」

「知ってます!!」

見るだけオーラを放つ。
店員さん、去ってゆく。

 

どのくらい、その場に佇んでいただろうか。

気が付けば、「ぜひ普段使いでどうぞ」という

店員さんの声に見送られていました。

 

あーーーー。

クリスマス限定コスメには全く食指が動かないのに、

上野限定パンダグッズの前で私は無力だ。

 

あの仕事を引き受ければそのうち原稿料入るしね。

ちょっと遅めの誕生日ってことで。

いや、ちょっと早めのクリスマスってことで。

ていうか、自分へのご褒美ってことで。

 

買う理由なら、いくらでも見つかってしまう。

かくして人間はいつも見事なセルフマインドコントロールを

しながら生きている。

見たいものしか見ないし、

聞きたくないことは聞かない。

あらゆる嘘の上塗りでさえ、信じたいから信じるのだ。

わが身の俗物っぷりに打ちのめされながら、

スキップして帰宅しました。

 

 笹色のベルト付だよ

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ