ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.12.12 08:39日々の出来事

「グッディ」を見た感想


「グッディ」で山尾志桜里と倉持の件、扱っていた。

これまでの経緯や、ナレーションの入れ方が、ゲスな

悪意に満ちていたが、安藤優子が抑え気味だったし、

一番知的に見える伊藤洋一という人のコメントが良かっ

たし、あまり腹立たなかった。

 

芸能人の男二人は、今の日本人のレベルそのままだろう。

ことさらのバッシングじゃなく、あれが日本人の民度

なのだから仕方がない。

「プレシャス」という女性誌の、雨宮塔子の発言を読ん

でみることを勧める。

ワイドショーは「憲法」という「公的な」問題より、

男女関係にしか興味を持たないのは、わしも分かって

いる。

 

そもそも「婦人公論」でツーショットでやった対談を、

わしはあまり評価していない。

スキャンダラスに見られるのは当然なのだから。

しかも、これで週刊文春にまた火をつけたことは間違い

ない。

 

内容に関しては、良い部分も大いにあるが、二人じゃ

ないとダメなんだと強調するのは、第三者がやるべきで、

自分たちでやったら「私」が臭ってくるからむずがゆい。

このむずがゆさを出すと、大衆は叩きたくなるんだ。

仕事ぶりは「ゴー宣道場」で誇示すればよいのだ。

 

「グッディ」で一番腹立ったコメントは右端の方にいた

女の「だんながどう思うだろうか?」という言葉だ。

だんなが「別に」と言ったらどうするつもりだ?

この女は「男性優位社会」に染まり切ったタイプの人格だ。

 

常に男と女を「入れ替えて」見る訓練が必要だ。

わしの秘書は女性だが、非常に分かり合える仕事上の

パートナーである。

「妻はどう思うだろうか?」と言われても、わしの妻は

「別に」としか言わない。

仕事上のパートナーと、生活のパートナーは違う。

わしの妻は「公私」の区別がつく人間だから、秘書は

優秀でなければ認めない。

 

「立憲主義を貫徹させる憲法改正」

この国家の命運がかかった大目的を達成するためには、

山尾・倉持はくれぐれも公私の区別を厳粛につけて、

緊張を絶やすなよ!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ