ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2017.12.15 06:40

読売「憲法考」

読売新聞では1213日から政治面で

「憲法考」を連載している。

どんな具合に論考が深まっていくか

注目しているのだけど、今日で3回目。

 

今のところ、

1)自衛隊を明記するという安倍改憲案の経緯、

2)9条2項を残したままにすること、自衛隊という

固有名詞を憲法に記載することなどの問題点、

3)国民投票で否決されたときのリスク

についての記述に留まっている。

 

枝野議員のコメントなども紹介しているけれど、

これらは安倍政権への反対勢力として描かれているので

スタンスはやはり与党寄り。

要するに与党が改憲案を通すために何が問題と

なっているかという“政治の動き”を追っている。

 

どれくらい連載が続くかわからないけど、

「憲法考」と銘打ったからには、

憲法について国民はどう考えるべきか、という

問いは立ててほしい。

紹介された枝野議員のコメントには、

「立憲主義違反」という文言が入っている。

これを、何でも反対する野党党首のコメント

という位置づけではなく、

立憲主義違反とはどういう意味か、

そもそも立憲主義とは何か、

そこまで踏み込んでほしい。

 

国民にわかりやすく論点を提示するのは、

政治家ばかりではなくメディアの役割でもある。

 

9条改正にまつわる政治の動きだけで

この連載が終わりませんように。

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ