ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.2.11 22:00

警察庁長官人事でご譲位と東京五輪の警備に黄信号?

警察庁長官に栗生俊一氏が就任。

これはOBの杉田一博官房副長官の「強い意向」だったとか。

杉田副長官と言えば、天皇陛下のご譲位のお気持ちを、
まともに取り合おうとしなかったとされる人物。

「『政治屋』と揶揄される栗生氏をめぐっては複数の怪文書が出回り、
就任以前にもパチンコ業界との癒着ぶりが告発されていた」。

この人事の余波で警察庁上層部から「警備」
畑の
主流派はいなくなった。
中村格(いたる)氏が「
安倍首相と親密な政治記者の逮捕状を
“もみ消した”
との批判を受けるなか、総括審議官に抜擢」される一方、
警備畑のエースで、東京五輪がある2020年には首都の治安を預かる
警視総監への就
任が確実視されていた、斉藤実総括審議官が
神奈川県警本部長に放逐された」。

こうして「来年の天皇陛下譲位、(再来年の)
東京五輪という大警備体制が必要な時期に、
警備のスペシャリストが警察庁中枢に不在となってしまった」。

これは不安。「栗生ー中村両氏の政治派ラインの誕生で…
官邸偏重人事の『負の連鎖』(元警視総監)は依然として続く」
霞が関コンフィデンシャル)との指摘も。

大切な場面で万が一にも警備上の手落ちがあれば、
の責任は当然、首相官邸にダイレクトに及ぶことになる。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ