ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.3.2 15:38

「小林よしのり」「ゴー宣道場」は 立憲的改憲に障害か?ご意見紹介!

続けて「ゴー宣道場『立憲的改憲』から撤退」
に対するご意見
をご紹介します!



小林先生はどんな不本意な形であれ
自分が目的達成の邪魔になってはならない
と本気の姿勢を見せてくれたと思います、
小林先生の自分を客観的に見る力に
驚きと哀しみを感じざるをえません、
憎い、小林先生を悪く言う奴等が憎い。
(jiyatukuさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小林先生と、高森先生のブログを読みました。
ゴー宣道場は、本当に6月で
立憲的改憲から手を引くのですか?
私が立憲的改憲を知ったのはゴー宣道場
(およびゴー宣ネット道場)です。
倉持先生のリベラル的改憲を聞いたとき、
日本国憲法が死文化していると
気づかされたとき。枝野立憲民主党党首を
小林先生が応援したときから、
憲法問題に興味、危機感を持つようになりました。
ブログを読んだ率直な感想は、憲法論議を
深いものにするため、法律の専門家を
呼ぶ際に、ゴー宣道場では倉持先生が
動きづらいということなのでしょうか。
あの熱気とユーモアのあるなかで
憲法の話が聴けなくなるのか、
小林先生が書かれている「他のマイルドな場」
がすぐ作れるのか、たくさん参加者
(視聴者含む)が増えるのか。
ボトムアップでなくなってしまう
のではないか、ボトムアップといっても、
吸い上げてくださる方が
山尾先生・倉持先生であれば両先生が
動きやすい方がよいのか_いろいろ
複雑な感情が出てきて変な文章ですみません。
が、いろいろな場を乗り越えてこられた
ゴー宣道場主催者、師範が決めたのですから、
いち参加者としてこれからも自分の幅を
広げるべく道場に参加します。
長々と変な文章で本当にすみません。
(ふぇいさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本音を申し上げますと、
結局畜群の偏見にレベルを合わせざる
得ないのかという事でした。
それが民主主義の正体なのかもしれませんが。

根本は『戦争論』に対する偏見、
『戦争論』のテーマを読み取れない
馬鹿のレベルに屈せざる得ない現実です。

私自身もゴー宣読者と分かるとよく
右翼扱いされたもので、
個人主義を貫けない学者さんであれば
偏見に堪えられないのかもしれないです。

若干の失望を感じつつも、
立憲的改憲に希望を
持ち続けるのは変わりません。
(みるみるさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高森氏のブログを再読したけど自分には
やはり「世間の風評にも負けずに参加して
くれる憲法学者たちへの誉め言葉」
にしか見えなかった
しかし発言者の真意や言葉がこの先に生む
効果影響がどうであれ、よしりんと当人らが
話し合った結果なら…
やっぱり不満、というより不安ですな
これが6月までに立憲的改憲案が提出され
国民投票によって新憲法発布するところか、
少なくとも案提出まで行くならともかく、
道半ばでは先行きがまるで見えない
既に「ゴー宣道場が関わらないなら興味を
無くす」という声も出ているようだし、
賛成派も反対派も揃って無関心となるなら
現状の大勢に飲まれるだけではないですか
ゴー宣との関わりの有無で興味の湧く湧かぬ
を決めるのは本来ならば間違いで、
常に無条件に自分の将来として考えなければ
ならん問題ですが、残念ながら
人はそこまで賢くないですし
(anamochiさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高森先生のブログを見てちょっと気になった部分。
去年の山尾議員騒動でバッシングの中を全力で
擁護して、山尾議員と連絡をこまめに取りながら
相談、対応して、山尾議員、辻元議員、
立憲民主党の応援演説をしたことまで
「遥かにみすぼらしいレベル」とまとめて
呼ぶのはちょっとどうかと思いますよ。
バッシングから徹底的に擁護したところで、
選挙応援で何度も協力したところで、
「倉持先生に比べると遥かにみすぼらしい
レベル」だというふうに私には聞こえます。
それはさすがに言いすぎでしょう。
この半年の中で、縁の下の力持ちは
倉持先生だけではないと思いますよ。
小林先生、その他の師範、騒動があっても
山尾議員を支持して投票した愛知県民、
全員だと思いますが。
貢献度を細かく比べるのはやめましょうよ。
揉める原因になりますよ。
もっとベストな方法がないですかねぇ…。
例えば第三者が開いたイベントにゲストで
小林先生と憲法学者が一緒に出演しただけ
ですよ~とか。柔軟な方法はないですかねぇ…。
(userさん)

まだまだ来ていますので、
順次紹介していきます。

とにかく知りたいのは、
倉持師範や高森師範が主張されている
「小林よしのり」「ゴー宣道場」の存在が
立憲的改憲にとって障害、という意見に
皆さんが同意されるかどうかです。
それが真実であれば黙って引くだけです。

高森師範のブログ

両方をお読みになって、
ご意見お聞かせください!

「小林よしのりライジング」
購読者以外の方は、
私のツイッター@tokky_uraどうぞ!

トッキー

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ