ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.3.4 07:09ゴー宣道場

サイレント・マジョリティーをナメないでほしい。

お掃除して清潔になった
ライジング・コメント欄にいただいた
ご意見を紹介します!



ゴー宣道場が『立憲的改憲』から撤退するという
方針について,部外者ではありますが,
私の疑問を記します.

「そもそも,誰のおかげでここまできたのか!」
という心情を100%理解します.
しかしここではあえて,
「現政権による憲法改悪を止め,さらに
立憲主義を根付かせる大目的のために,
小林よしのり氏に表面から姿を消してもらう
のが役立つのか?」という問いに
絞って考えます.
内部の事情を知らない部外者の私なので,
思い込みによる間違いもあるかもしれません
が,とにかく感じることを記すことを
お許しください.

事の発端はおそらく,倉持氏がゴー宣道場に
ゲストを招く努力をする中で,
小林よしのり氏とゴー宣道場に対する
弁護士仲間や学者の予想以上の偏見を感じ,
さらに,お目当ての憲法学者何人かからは
偏見を原因に断わられたのでしょう.
その事情を高森氏に相談した結果,

「今後は,ゴー宣道場を越えて運動を広げてゆく
必要があるが,そのためには,ゴー宣道場
(小林よしのり氏)の存在自体が返って
障害になる可能性がある.そこで,本来の
目的を達するために,当面涙を飲んで,
ゴー宣道場(小林よしのり氏)には
前面から降りてもらおう」

との結論に至ったものと想像します.
倉持・高森両氏はゴー宣道場内部からの
強い反発や非難は想定済みで
「にもかかわらず大儀のために必要」と
覚悟を決められたのかもしれません.

私は逆に,本来の目的達成のためにこそ,
ゴー宣道場(小林よしのり)は正面に出て
世論を牽引すべきだと感じます.

1.集団的自衛権を含めた安保法制は,
 憲法学者の大多数が違憲を唱えたにも
 かかわらず国会を通りました.
 味方につけるべきは,世の大多数の
 (それほど政治意識の高くない)
 普通の人たちの支持です.
 学者や専門家の意見や意識が庶民の感覚を
 代表していると過大視するのは危険です.

2.前回の参院選で立憲民主党の枝野氏,
 窮地にあった山尾氏,辻本氏らが小林氏に
 応援演説を依頼したのは,類まれな同氏の
 発信力が,世の偏見を凌駕する,
 と考えたからでしょう.その考えの
 正しさは結果が示しています.
 にもかかわらず,なぜゴー宣道場自身が,
 それと反対の方策を,
 今,取ろうとするのでしょうか? 

3.憲法学者がゴー宣道場のゲストとして
 出席し難いなら,倉持氏や高森氏が別の場所で
 論点を勉強され,ゴー宣道場の議論や
 山尾議員の案作りに反映させる,といった
 方策も充分可能ではないでしょうか.


私は数年前大学を定年退職した自然科学を専門
とする前教員で,政治活動をしたこともない
全くの普通の市民です.
が,「ゴー宣道場」を狂信的信者の集団と
感じるなど飛んでも有りません.
小林よしのり氏をはじめとする師範の方々の
議論を,聡明でバランスの取れた,
今の日本のマスコミの論調の中で
最も健全なものと感じています.

1月末のTBS「報道特集」でも立憲的改憲案を
紹介する際にゴー宣道場での小林よしのり氏の
長い画像を使っていました.


倉持・高森両氏は,ゴー宣道場
(小林よしのり氏)への法律家・学者の
偏見を,世の多数の人々の誤解の表れと
過大評価していないでしょうか.
法律家・学者は,世の普通の人々に比べて,
小林よしのり氏への(危険な右翼という)
偏見を根強く持っている
傾向があると思います. 

憲法論議が「ゴー宣道場」の枠を大きく
超えて広がってゆくべきなのは論を待ちません.
その際にも,「ゴー宣道場」における
小林よしのり氏の指揮官としての判断力の
確かさや人々への発信力が
不要になるはずはありません
(csusukomさん)


この方は、今回初めてコメント欄に
書き込まれています。
「部外者」とおっしゃっていますから、
ゴー宣道場にも関わったことはないはずです。
そういう客観的な視点からのご意見です。

ライジングのコメント欄は、いつもは
常連の投稿者の方々の書き込みで
にぎわっているのですが、
今回この騒動に関しては、常連さんだけではなく、
初めて書き込む人をかなり多く見かけます。
そして、そのほとんどが
csusukomさん同様、よしりん先生と
ゴー宣道場の撤退に反対するご意見です。

これが、サイレント・マジョリティー
というものです。
ゴー宣道場に参加している人は少数でも、
ライジングのコメント欄の常連さんは少数でも、
その周りには、何も言わずに
小林よしのりやゴー宣道場に共感し、
注目している人たちがいるのです。

そしてさらにその外側には、
ライジングもゴー宣道場も知らないけれども、
何かの折に小林よしのりの意見を聞いて、
それが正しいと感じた人が
ずっとずっとたくさんいるのです。

その方々は、小林よしのりを危険だとも、
ゴー宣道場を狂信者の群れだとも思っていません。
むしろ共感し、影響されている人が
多くいるはずです。

その影響力がどう働いたかは、
csusukomさんが指摘されているとおり、
現実が証明しています。

そして憲法問題は専門家の
議論で決するのではなく、
最後は国民投票で決するのです。

エリート意識にとらわれて
「憲法学者」というマイノリティーの
偏見を過大評価して、
サイレント・マジョリティーの良識を
ナメないでいただきたいと、
強くお願い申し上げます。
トッキー

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ