ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.3.6 13:12お知らせ

朝日バッシングの身も蓋もない深層心理!ライジング261配信!

関西ゴー宣道場前週!多忙の中でも
小林よしのりライジングVol.261
配信です!

今週号のタイトルは
「朝日新聞を憎み過ぎる
エセ保守は韓国に似ている」
どれを読んでもどうせ似たようなメンツが、
似たようなこと言ってるだけでしょ?
としか思えない、保守論壇誌。
特にその定番が、朝日新聞バッシング!

「月刊Hanada」「月刊WiLL」「月刊正論」
どれを見ても、毎月毎月飽きもせず、
朝日新聞の悪口を言いまくっている。

特にこの数か月、常軌を逸しているのが
月刊Hanada。実はその理由は、
例の安倍政権提灯持ちが書いた
フェイク本が朝日新聞社に
訴えられたからだった。

今回は、まずこの訴訟を
どう見るかを分析した上で、
自称保守論壇全体にはびこる
朝日新聞バッシングの
身もふたもない深層心理を
白日の下にさらす!!


泉美木蘭のトンデモ見聞録
「国語のこと」

文章を書く、読むという事に関する
本質的な問題を考える。
文字に表された「言葉」だけが
全てを語っているわけではない。

「行間」「言外」に
にじみ出ているもの、
何となく感じる違和感、
そういうものの重要性に目を向けよう!

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
 …自称保守論壇誌「月刊Hanada」の朝日新聞バッシング
 が、トンデモない状態になっている。
 朝日新聞社は昨年末、安倍政権の太鼓持ち・小川榮太郎
 が書いたフェイク本が名誉棄損に当たるとして、
 小川と出版元を相手取り、5000万円の損害賠償と
 謝罪広告の掲載を求める訴訟を起こした。
 その出版元が「月刊Hanada」を出している飛鳥新社で、
 同誌の編集長・花田紀凱自身が本の刊行にも深く
 携わっているのだ。
 Hanada側は「これはスラップ訴訟だ!」と主張し
 朝日を非難しているが、果たしてこれは言論の自由を
 委縮させる「スラップ訴訟」なのだろうか?
 そしてなぜ自称保守論壇はここまで朝日を憎むのか?
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」
 …人の手によって書かれた文章というものは、言葉で 
 書かれていること以上のものが表現されていて、
 書いていないこと以外は、考えてもいないし
 そのような思考や感覚は存在しない、とは
 ならないだろう。文章を真の意味で“正しく”理解
 するために必要なこととは何だろうか?

※『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて、
 一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画
 「しゃべらせてくり!」。
 着流しスタイルで本格演歌をうなっちゃるぶぁい!
 柿野くん、沙麻代ちゃん、ぽっくんの美声に
 ノックアウトでしゅか?
 さぁ歌わせてもら演歌~~~~んあんあんあん♪

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第267回
 「朝日新聞を憎み過ぎるエセ保守は韓国に似ている」
2. しゃべらせてクリ!・第219回
 「ド演歌一直線! 歌わせてもら演歌~~~~ん
 あんあんあんの巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第71回
 「国語のこと」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ