ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.4.24 03:15日々の出来事

セクハラ・ヒステリーの連中がセクハラを温存する


わしは安倍政権に徹底して批判的であるが、だからといって、

何でもかんでも政権批判に結び付ける愚を犯したくない。

「王様は裸だ」という批判は、権力にも、マスコミにも、

大衆にも向けられる。

したがって野党議員が福田事務次官のセクハラ問題を、

政権打倒に結び付けるのは不純だと考える。

 

ハリウッドのMe too運動のマネして黒服で抗議する手法は、

単純にダサいと言うしかない。

福田事務次官のセクハラ発言だけをヒステリックに責めて、

ジャーナリズムの世界で、セクハラが起こる特別な原因を

追及するつもりはないらしい。

 

「特ダネ」欲しさに女を利用することを良しとしている

報道機関の「システム」を批判しなければ問題の解決には

ならない。

「特オチ」を恐れて、セクハラの訴えを封殺してきた報道

機関の体質こそが問題だが、会社はこれを改めることは

できないだろう。

悪と知っていて、他の報道機関との競争のために、温存

しているからだ。

 

情報を得る競争自体を止めろと、セクハラ・ヒステリーの

女たちは言うのだろうか?

本質的問題から目を背けさせるために、福田事務次官は

生け贄にされている。

福田だけを悪人に仕立てておけば、セクハラ誘発システムは

温存されるのだ。

 

わしはそこを言っているのだが、馬鹿なセクハラ・ヒステリー

の女どもは、男がセクハラを止めればいいだけだと吠えるのみ。

こういうセクハラ批判・原理主義の者たちが、ポリコレを生み、

トランプ大統領を生んだのだが、頭脳で考えず、感情でしか

動かない者には分からないのである。

 

なんでセクハラ被害者が会社を辞めねばならないのだと言うが、

所属する会社が「セクハラ誘発システム」を改善しないの

ならば辞めて戦うしかないではないか!

しょせん会社に守ってもらえるのが当然と思い込んでいる

幼稚な女性記者なんてジャーナリストとは言えない。

あほらしい話だ。

弱者のルサンチマンばかりで、実にあほらしい日本社会だ。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ