ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.4.24 14:11日々の出来事

「Me too」運動になっていない。


今回のジャーナリズムにおけるセクハラ問題の怪しさに

ついて、わしのブログや『ライジング・ゴー宣』で、

ようやく分かってくれる人が出てきたようだ。

さらに『よしりん辻説法』で攻めていく。

 

しかし、慰安婦問題のときとそっくりだな。

女は弱者で被害者、男は強者で加害者、女は善で、男は悪。

感情だけで凝り固まって反発し、論理がすっかり消滅する。

 

感情を押さえて、理路整然と反論を書けばいいのに、

それはしない。

論理はないのだ!感情があるのみ!

 

誰かがセクハラがあったと言っている。

誰か知らないがムッキ――――!

セクハラという言葉を聞いたからムッキ――――!

話にならん。

 

今日の「報道ステーション」でも、ヒステリックに

福田次官と麻生大臣を責め立てていたが、被害者の気持ち

を考えろ、想像力がないと言うのみだ。

 

被害者の顔も名前も知らないのに、どうやって被害者を

信じればいいのだ?

伊藤詩織さんは名乗り出て、著書まで書いたから信じた

のだが、名乗り出られない被害者の気持ちを忖度せよと

言われても絶対に無理だ。

 

Me too」運動になっていない!

「私もよ」と名乗り出なければ話にならん。

テレビ朝日を信じろと言われても、まったく無理だ。

 

被害者とされる女性記者が名乗り出て、記者会見を

開けば、わしの考えが変わるかもしれん。

女は弱者よ!守られるべきよ!

人前に出たら傷つくのよ!恐いのよ!出られないわ!

そんなことを言っても、伊藤詩織という女性を見た今

では、信じられない。

レイプとセクハラでは、被害のレベルが違う。

 

組織に隠れる女性はジャーナリストには向かない。

一人の有能な官僚を葬ったのだ。

その損失に相応しい案件だったのか、証明してほしい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ