ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.5.11 08:28日々の出来事

危惧した通りにセクハラ糾弾は全体主義化したな


『ゴーマニズム宣言』第8章のコンテが上がった。

長谷部恭男批判の第一弾だ。

集中したのでくたびれたが、今から第7章のペン入れ

をする。

 

フライデーの安倍昭恵の写真見たか?

誘拐殺人犯とまでツーショットの写真を撮っていたとは。

誰にでも自分を承認してほしいんだろうな。

誘拐殺人犯との絆まで大事にする必要があるかいな?

右派どもはこんなファーストレディーを連れて世界を

飛び回る首相がそんなに好きかね?

 

相変わらずセクハラ糾弾ブームが続いてるな。

もうイデオロギー化してるからな。

紅衛兵の知識人の吊るし上げや、スターリンの虐殺や、

ポルポトの虐殺などと同じように、徹底的なクリーン化

が進んでいる状態だな。

左翼イデオロギーに火が付いたら止められないからな。

 

極右も嫌い。極左も嫌い。

公共空間がイデオロギーで全体主義化したときに、

どうやって戦うかが保守の力の見せどころだと思うがな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ