ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2015.11.6 08:22

正義感すごすぎる若者たち

Facebook上に、シールズによる辺野古に関する抗議声明文が
流れてきました。
辺野古の新基地建設工事再開に関する抗議だそうで、
今回の政治的手続きは、「民主主義の根幹を否定する暴挙」であり、
「沖縄がこの国に問うものは、この国の憲法の理念であり、
この国の政治であり、『日本』に生きる私たちの行動だ」
とのことで、シールズは、
「この国の自由と民主主義を守るという立場から」(!!)、
現政権にNOを突きつけ、今月中旬、辺野古のほか、
新宿(?)、神戸(!?)、名古屋(!??)の各地で抗議行動を行う
のだそうです。

いろいろつっこみたい題材になりそうなところがあるので、
この抗議声明文はプリントして、関西の道場へ持参したいと思います。

興味深く、面白く、そして知的スウィングする議論の時間をめざすよー。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ