ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2016.4.11 15:34

ルイ・ヴィトンのモデルが人間じゃなかった!

先日、ライジングの原稿に使うために、新宿三丁目の交差点へ写真を
撮りに出掛けたら、ちょうど『伊勢丹』の向かい側の『ルイ・ヴィトン』の
壁面広告に、ずいぶんと個性的なモデルが使われていて気になった。
遠目から見ると、サーモンピンクの髪に、雪のような真っ白な肌。


それにしても人、多すぎ…。

ルイ・ヴィトンってかなり奇抜な子をショーで使ったりするんだよね。
去年は、ピンクに染めたロングヘアに鼻ピアス・首輪といういで立ちの
フェルナンダ・リーという
パンキッシュな中国系の子が大抜擢されて
ブレイクし、次々と他のショーにも引っ張られる騒ぎに。
あの子かなぁ?
いや、
でも、なんだかこの広告の子、ポーズがいまいち。
腕や肩の雰囲気が成熟していないと
いうか、色気がゼロというか・・・。

カメラのレンズを望遠のものに付け替えて、ぶいーんっとアップして見た。
そして、おどろき!


人間ちゃうし!! 


っていうか、ファイナル・ファンタジーやし!!

どうも、スクウェア・エニックスのゲーム「ファイナルファンタジーXIII」
に登場する女性騎士のキャラクターが、今期のモデルらしい。
なんと、公式PVまで公開されていた!

https://www.youtube.com/watch?v=ImWljqM8kG8

キャラクターデザインの野村哲也氏によると、このPVに関しては、
アクションからポーズまで、すべてルイ・ヴィトンのプロデュースで
制作されたらしい。本気やなー!

ルイ・ヴィトンって、ほんと日本のカルチャーが大好きだよね。
ちょっと前まで水玉の女王・草間彌生とコラボレーションして、
世界中のショーウインドーに、ぎょっとする等身大の草間彌生マネキン
を立たせて、タコ星人のタコタコ惑星みたいになってたことあったし、

その前は、村上隆がデザインしたちょっとオタクなバッグを発売して
世界中で爆裂に売りまくってたし。
あのときは、店内で、村上隆とFPM田中知之が制作した短編の
アニメーションを流しているというから、わざわざ表参道の店まで
出かけて見学したんだから。

観察目的で街に出ると、いろんな驚きがあっておもしろいです。
今回のライジングは、新宿三丁目の交差点にスポットを当てて、
私の好きなファッションの世界から見る、日本の格差社会の現実、
「ブランドネーム好き」の日本人の姿をレポートしてみました。
配信をお楽しみに。


泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ