ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2017.6.9 20:04

総理のご意向に沿った再調査ならダメ!なぜ期限を言わない?

加計学園問題「総理のご意向」文書の存在について、
8日の記者会見で菅官房長官がかなり追い詰められたあと、
「調査する必要はない」とつっぱね続けていた対応が一転し、
「文科省が再調査する」ことになった。

少しは改心したんだな……とは、まったく思えない。
松野文科大臣が「国民の声と向き合う」「国民のみなさま」
とやたら「国民、国民」と連呼していたのはイラついた。
私には「昨日まで国民なめてましたが(今もまだなめてますが)」
と言っているようにしか聞こえなかったからだ。

安倍政権のおかげで私はすっかり性格が悪くなってしまったのか、
もともと悪いのかもしれないが、むしろ警戒心のほうが膨らむ。


(1)なにせ、文科省には再調査させるが、
内閣府にはまったく調査させていないし今回も指示していない。
まるで文科省だけの問題であるかのように扱うのはおかしい。

(2)しかも、文科省の担当者が、
「全体の方針を定めてから調査をすすめる」などと言っている。
<調査はするけど、まずは、調査方針を検討する時間がいる>
という後ろ向きな姿勢で時間稼ぎをするのが見え見え。
最初の「文書はなかった」は、たった半日で言い出したのに、
よくもぬけぬけとそんなことが言えるな。

(3)すでに萩生田官房副長官が、
「文書が実在したとしても、
内容が正しいかどうかは次の話」
と発言し、手を打っている。

(4)再調査の期限が示されていない。

(5)まもなく国会会期末。

(6)官邸は、文科省だけに譲歩させておいて、調査中、調査中
と回答を引き延ばして国民の関心をなだめすかしながら、
その間に共謀罪を成立させてしまうつもりではないか?

官邸には、共謀罪さえ通ればあとは万々歳という腹積もりが、
当然あるだろう。
目的さえ達すれば、後は、文書はあったが、内容が事実かどうかは
証拠がないからわからないと言って「共謀罪おめでとう」と高笑い
しながら閉会だ。
だまされてはいけないぞ。

再調査の期限をすみやかに約束するべきだ!
さらに、再調査は文科省自身によるものではなく、
独立した第三者機関が行わなければならない!
調査が「総理官邸のご意向」に沿ったものでは意味がない!


泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ