ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.3.21 15:04

森友:理財局長就任の時期のこと

生放送で触れたようで、ビシッと言い切らなかった
気がするので書いておくけれど、

財務省の異動記録によると、
証人喚問が決定している佐川宣寿氏は、
2016年6月17日から理財局長に就任しています。

森友学園への国有地値引き売却が決定したのは、
その3日後の、2016年6月20日。
もちろん理財局長は国有財産の管理責任者だし、
佐川氏は、その後の国会答弁の責任者でもあるけど、
実際に、度重なる値引き交渉やごみの埋設量の偽造などが
起きていた時の理財局長は、
2015年7月7日に就任している迫田英典氏です。

2015年7月7日、迫田氏が理財局長になり、
2015年9月3日、迫田氏と岡本薫明財務官房長が官邸に
呼ばれて安倍首相と話しており、翌4日に安倍首相は大阪。
翌5日に昭恵夫人が、森友学園の名誉校長に就任しています。

その後、谷査恵子氏を通じてのFAXのやりとりなどがあり、
森友学園の前任の弁護士などが活躍(?)して、
隠ぺいされた書類や、録音されている音声データのとおり、
ごみが大量にあるかのように偽造する口裏合わせが起きて、
値引きに至っているわけです。

佐川氏には、刑事訴追の恐れがあって答えられない部分と、
前任の迫田英典氏に聞いてもらわないと答えられない部分と、
パターンがあるのではないかな。

「佐川事件」なんて不名誉を着せられることのない道を
選んでくれたら…と、多くの国民が見守っているよね。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ