ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.4.30 13:18

らっきょうをむきながら

今日は午後早めにライジングの原稿を仕上げて、
買ってあった大量の泥らっきょうの薄皮をひたすら黙々と
むきつづけて、たまに生のままバリボリかじりながら
塩漬けにする作業をしていたら、夕方になった。
台所が臭い。ベランダでやればよかった。
でも全部むき終わり、白く輝くらっきょうの粒をザルにあげる
と達成感あるよね。
ほとんど塩漬けにしたけど、4分の1だけ別にして、
思いつきで「CoCo壱番屋」のカレースパイスをまぶしてみた。
どうなるのかわからないけど。

今治の脱走受刑者、やっと捕まってよかったね。
うちの近所で起きた事件だったら毎晩怖かったと思う。
しかし脱走後の最初の3日間ぐらいは、私あまりちゃんと
ニュースを見ていなくて、
「みかん畑からみかんを盗んで食べているようだ」
「民家の軒先から物がなくなった」
「畑の野菜を夜中のうちに盗んで山に潜伏」
などなどの音声を、仕事しながらなんとなく聞いていたので、
てっきり動物園のチンパンジーかなにかが逃げ出して大捜索に
なっているのかと思っていた。

ライジングは、アラーキーのことを書いたよ。
スマホで「インスタ映え」する静物や風景を撮って満足したり、
撮られたいように撮られようとしている人を気軽に撮るような
機会が増えたから、あんまりわからないかもしれないけど、

「写真」ってもともとすごく暴力的な面があるものだと思うん
だよね。
赤の他人の姿を撮ろうとするとわかると思う。
とてもレンズを向けられない場面にだって出くわす。
びびって、後ろ姿を“風景”としてしか撮れない人もいる。
私は被災地取材で、瓦礫は撮ったけど人は撮れなかった。
一緒に津波被災地をまわったフォトグラファーの友人は、
初日、被害の甚大さを目の当たりにして、瓦礫にすらフォーカス
できなかった。プロなのに、痛いほど優しすぎる人だから。

写真てそういう世界だ。


あ、フォーカスできなかった優しい人というのは、
ゴー宣に出ていたジャーナリストの
田上順唯君のことじゃないです。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ