ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.6.3 00:32ゴー宣道場

中島岳志氏ととても楽しい議論ができた

渋谷ロフトでの「SPA!出張版・ゴー宣道場」は面白かった。
中島岳志氏があまりにも違和感なく議論に溶け込んでくれて、
かなり速いテンポで展開していくのが楽しかった。
何の話題にでも適応力があるので、大したものだと思った。
ぜひまた参加して欲しい。

高森氏の言う自由民権運動の成果が大日本帝国憲法に取り入れ
られたという説は、わしの今までの勉強とは違うので、もう
一度、勉強し直そう。
「自由党史」は板垣退助を称賛するための党史だから、
わしは史料として信用してない。
伊藤博文は自由民権運動を極左思想として、唾棄していたから、
取り入れるはずがないと、わしは認識していた。
それが間違っていたなら、『大東亜論』も描き直す箇所が出て
くる。
わしは中江兆民は相当の知識人と思っているから、この評価も
もっと掘り下げる必要があると思った。
何にしろ、わしの向学心が燃えればそれでいい。
時浦も同意見なので、ただちに資料を探すよう頼んだ。

担当・織田氏がアンケートも取ってくれてたようだから、
いつものように選んで発表して、回答しよう。

相当、水準の高い議論だったと思う。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ