ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.6.11 21:14日々の出来事

立憲的改憲、胎動から激動へ

「九州ゴー宣道場」で憲法学者を呼ぶシリーズが終わった。
ゲストで来てくれた各氏には、はっきり言って全員、
好感を持ったし、勉強になった。

憲法学者といえば、教条主義的護憲派ばかりが有名だった
ので、わしは偏見を持っていたが、幸いにも「ゴー宣道場」
に来てくれた方々には大いに刺激を受けた。

これらの憲法学者の方々を呼ぶために骨を折ってくれた
倉持麟太郎師範には「ありがとう。楽しかったよ。」と
礼を言っておく。

さて、「立憲的改憲」シリーズは本来これで幕を閉じる
予定だったが、もちろん8月6日に山尾志桜里議員が
中心となった「立憲的改憲」の単行本が出るとなると、
8月5日の「ゴー宣道場」はこの本で発表される条文に
ついての説明を山尾氏に求め、それについて議論をせざる
を得ない。
もちろん当日、発売日の1日前に、「ゴー宣道場」の
参加者は条文案を知ることになる。

そして今後の「ゴー宣道場」は、10月14日の東京開催
では、テーマを憲法に絞らず議論することになる。

11月11日の京都開催でも、別のテーマで議論すること
になっているが、ひょっとしたら『ゴーマニズム宣言』
の単行本が発売されるかもしれず、そうなると、
どうしても「立憲的改憲」がテーマにならざるを得ない
かもしれない。

いずれにせよ「立憲的改憲」が今後の「ゴー宣道場」の
議論の俎上に乗らないことはないだろう。

国民に広く知らせ、火がつくまで、「ゴー宣道場」は
「立憲的改憲」を説き続ける使命がある。
そこは師範だけでなく、門弟・門下生・支持者の諸君は
心得ておいてほしい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第75回

第75回 平成30年 8/5 SUN
14:00

テーマ: 未定

INFORMATIONお知らせ