ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.6.13 11:24

「水着審査をなくすミス・アメリカ」へのご感想!

昨日配信の小林よしのりライジング号外
「水着審査をなくすミス・アメリカ」
に対するコメント欄の感想を
ご紹介します!


女が女に生まれて、
何で女を使っては駄目なんだろう?

それも天から与えられた才能なのに。

以前、ぶりっ子をする女子をみて陰口をたたく
女子たちがいた。
必ず、「男子って単純よね、あんなぶりっ子を
見抜けないなんて。」というようなことを
決まって言っていた。

「いや、騙されているなんて男は百も承知。
しかし、そこまで努力しているのをみるとかわいくて
騙されてあげたくなってしまう。悔しければ
あなたたちも努力してみればよい。」と
若気の至りで反論して、その後、痛い目に
あったのは言うまでもない。

昔の運動と違い、今回はあのアメリカ様で
水着審査中止と言われているのだから、
今度はより強固に日本でも水着審査中止が
イデオロギー運動としてすぐにでも復活しそうな予感。

日本人の良質な常識に期待(できるかな?)
(Dr_mukimukiさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水着はファッションだよ。芸術だよ。女の子は、
ウキウキランランで水着買いに行くし、それ着て
海に行って自撮りして、次の日、
学校なり職場なりで自慢するじゃん!

わたしは男ですけど、水着審査とかファッションショー
見て、まじかっけー女性に生まれればよかったなー
と思うことさえある。

でも、だからって、
女性を外見だけで判断することはない。

フェミニストって、バカなのかなー
(ゲストさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライジング配信、お疲れさま~~☆

最近はあまり時間がないのですが、急いでコメントを。
ミス・アメリカの話、『サンデージャポン』(だっけ??)
で見たから知ってるけど、アメリカもどんどん
変になるな~~と思いました。
1つのことを、あまりにも細かく細かく突き詰めていくと、
こんなことになってしまうのかな~~??

「些細なことまでセクハラ認定」から始まり、ついにここまで。。

私もイケメンの皆さまを目の保養にしてるけど、
こういうのもダメになっちゃうのかな????
私は容姿が優れていることを重要視するタイプなので、
この先非難されるかも。。
(逆セクハラするな、お前はセクハラされても
我慢しろと言われるかもしれない)

最近はとにかく極端なので、深く考えると
疲れてしまいます。大事なのはバランスなのだ
と思うけど、非常識だったり善悪の区別が
つかない人が多いのだろうか。。

(わんこ☆さん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週も配信ありがとうございます。
水着審査なし、の報道をみて、
そんな看板掲げただけで正義気取るとかバカなの?
と思ってしまった。
内面云々とか言い訳だろ?
そんなに広く世間一般に媚売りたいなら、

一定の側面からのみの価値観で優劣つけて
人を選ぶ事そのものをやめればいいじゃん?
と思ってしまう。

男女問わず、美しい、は立派な才能ですよ。
残念ながら美しく生まれなかった事が
全ての原動力になっている私は心の底からそう思う。

(ビビさん)


いろんな受け取り方があって面白いんですが、
フェミニズム全体主義だと、こういう意見も
全部言えなくなってしまうわけで、
実に恐ろしい!
あと、ミス・アメリカに優勝までした者が、
「自分の価値は容姿だけじゃない!」
とかいうような
変なコンプレックスから、
今回のミス・アメリカ破壊行動を起こしている
というのも、実に呆れた話ですねえ。

トッキー

次回の開催予定

第78回

第78回 平成30年 12/9 SUN
14:00

テーマ: 「移民と人権とナショナリズム」

INFORMATIONお知らせ