ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.6.30 11:09日々の出来事

劣化老人の時代

雑誌も単行本も還暦以上をターゲットにしなければ
売れない。
貯金があって、年金暮らしで、余暇があって、
活字が読める層といえば、もはや還暦以上。
漫画だって「ビッグコミック」までいけば、
読者層は70代かもしれない。

したがって、雑誌は健康記事が売れる、食べては
いけない国産食品リストが売れる、死ぬまでSEX
が売れる。
単行本は老人本ばかりで、死は恐くない、終活の
すすめ、孤独は恐くない、健康は大事、長生きする
方法が売れる。

雑誌を読む下限が40代くらいで、「FLASH」や
「SPA!」の読者層になる。
20代になるともう活字が読めない。
せいぜいネットの短文くらいしか読めない。
情報はすべてスマホからになっている。

情けないことに定年退職した老人たちも、暇がある
からネットに嵌り出して、ネトウヨになってしまう。
老人は「WiLL」や「HAHADA」や「正論」などの、
自己肯定、自己慰撫史観に嵌っていき、余った時間で
ネットでネトウヨ記事を貪ってしまう。

かくして若年層から老人層まで、思想する知力を
無くし、人間が劣化して、国家が迷走する。
若者から老人までが、劣化老人と化してしまう
時代である。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ