ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.7.17 22:36日々の出来事

タオルケットとアイスノンで寝てますが

タオルケットとアイスノンの昭和の睡眠ダブルセットで猛暑を乗り切っている私は、アナクロニズムどころか古代人かも……。
いやいや、アイスノン最高だよ。

だってさ、なんだかエアコン効かないんだよね。
土も木もない、照りつけるだけの都会で木造アパートってのが、もう無理があるんだろうね。隣のおじさんが死んでたのもよくわかるよ…。

「AiLARA 『ナジャ』と『アイララ』の半世紀」、ぜひまず地元で売れてほしいなあと思っていたら、新宿紀伊國屋書店でそこそこ買われているみたいで、だけど、4階の現代美術の棚だけがどんどん品切れになっちゃうんだって。私がブログで書いたからかな?
2階にも1階にも置いてあります。まだ初回限定の金子國義ポスター付きバージョンです。
Amazonでも販売中です。


サイン会とか、いろいろイベントごとがこれからあるみたい。
読んでくださったみなさんの味わいある感想がかなり楽しいです。
モリ・カンテの「イェケ・イェケ」って、そもそも総研の曲だったね、はじめて気づいた。個人的に、テッパンすぎて入れるの忘れてたブラジルの曲があったな…とちょっと悔やんでいる。

Jorge Ben “Mas que nada”

Jorge Benは”AFRICA BRAZIL”というアルバムに入ってる“Taj Mahal”も超有名だけんね。
いつだったか、Taj MahalかけていたところにDJ KOJIさんが近寄ってきて、「ベンのギターは、ベースの音を切って、高音をもっと上げたほうがかっこよく聞こえるから、調節して」と教えられた。
最初のうちは「お前がDJなんて100年早い」って何も教えてもらえなかったから、かなり驚いた出来事だった。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ