ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.8.1 10:48

ゴー宣・オウム総括シリーズ第1回の反響!

SPA!『ゴーマニズム宣言』の
オウム総括シリーズ第1回に
寄せられた感想をご紹介します!

 


 

spa!のゴー宣オウム総括
第1話を拝読いたしました

どんな言論人のコメントよりも説得力のある、
漫画で魅せるよしりんの狂気の作家性
またしても堪能しました。

やはりゴー宣て凄い。
線や背景のタッチも前話とは
意図的に変えてきたのかな?

オウム編はすごく迫力があって
生々しいというか、ライブ感がある
タッチで良い感じですね。

麻原、いや松本の俗物さを書き出すこと、
さらけ出すことによって、
松本を知らない世代の読者に対して、
松本にシンパシーを感じさせないよう
徹底的に批判している、よしりんの凄さ、
優しさを感じました。

当時は言論で殺害されそうになり、
それを緻密な神経戦で相手をおちょくり
spa誌上で高度にエンタテインメント化させ、
そして殺しにきた相手を強運で回避するよしりん。

当時を知る者としては、
今回の総括は感慨深いものがあります。

やつらは死んで、自分は生き残った
この一言を言えるのは、死闘を繰り広げた
よしりんだからこそ言えるのですね。

(てつさん)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

SPA!ゴー宣「オウム教祖・幹部、死刑執行」を
拝読しました。

まず、小林よしのり先生がSPA!を去った原因は
オウム事件で、そのSPA!に20年余りの時を経て
復帰した途端にオウム事件に大きな区切りが
つくとは、それこそ『神がかり』だと思いました!

そして知識人やマスコミが
「オウム事件の真相は闇の中」と言うのに対しては、
小林よしのり先生は「どこにも謎などない、
分かり易すぎるほどだ。」と一刀両断。

その刃こそ『常識』なのだと感じました!

小林よしのり先生が今週喝破されていた
「オウム事件の真相」も、過去に見破った
「オウムのいかがわしさ」も、
庶民レベルの『常識』に基づく内容なので、
分かりやすいです♪

「常識を失った個」は、けして「公」には
たどり着かず、「カルト集団」に
絡めとられてしまうか、
「醜悪な私」に堕ちてしまう・・・。

オウム事件を振り返ることで
「常識の復権」が大切だと感じます。

次回の連載も楽しみにしていますo(^o^)o
(カレーせんべいさん)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

SPA読みました。

「わしは生き残った。これでようやく
決着がついたのである」のセリフに

かかった時間と、マスコミを含めて
すさまじい戦いだったことを感じました。

死刑執行のニュースが流れてから、
会社の20代の子たちとオウムの話をしたら、

全然知らなくて、テレビ番組の「仰天ニュース」で
見て初めて知ったと話してくれました。

私自身、そのころゴー宣は読んでいなかった
けれど、ニュースで連日のようにオウム、
特に上祐ががおもしろおかしくテレビで
とりあげられていたことは記憶に残っています。

最後のコマの、「後世に残しておかねばならない」
というのが印象的でした。

続きが楽しみです。
(ちぇぶさん)

 


 

オウムを甘やかし、つけあがらせ、
サリン事件を起こすまでに暴走させたのは
マスコミ・知識人の責任でした。
それなのに今なお、オウムに甘い幻想を
抱き続ける知識人たちがいる!

オウム元幹部の死刑が執行されても
オウム的知識人がまだ生き延びている限り、
戦いは続けざるを得ません。
知識人批判は「ゴー宣」の原点なのですから!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ