ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.8.12 09:00

20年前のインタビュー「わしが『戦争論』を描いた理由〈下〉」

20年前、『戦争論』発売直後の
よしりん先生インタビュー、
その第2回です!

 



わしが「戦争論」を描いた理由〈下〉

情の及ぶ範囲は日本
――小林先生のそのバイタリティの
根源にあるものとは?
小林 わしは人情という一点からしかやって
ないんですよ。左翼がご都合主義だと思うのは、
弱者の人権を守るといいながら、
国のため家族のためと思って戦争に行って、
戦後はその言葉を封殺された旧軍人の人権を
無視しているからです。
わしは部落や薬害エイズの弱者、被害者に
大いなる同情をしたと同様に、国のために
戦ったはずなのにその後何も報われない
お年寄りにも大いなる同情をした。
わしが動いたのは人情という、その一点ですよ。
しかしその人情を寄せる相手というのは
基本的には日本人です。だからわしはいわゆる
「ハルモニ(韓国語でおばあさんの意、
ここでは元韓国人慰安婦のこと)」とかには
情が沸かないんです。左翼が敢えて
ハルモニを取り上げるのはそれが彼らの
運動戦略にとって都合がいいからです。
わしはそこまでは自分の共感の意識は
伸びていかない。
共感できる範囲は日本人までが限度です。
――「個と公」といったときの「公」
の最大のものは国だと。
小林 そう。国なんですよ。そこまでしか
意識がいかない。同じ日本語をしゃべって、
日本の風土の中で育った人間ならば
北海道でも沖縄でも感覚が通じるだろうと思う。
しかし、やはり韓国や中国、ましてやアフリカ
となると感覚は相当ずれてくると思うんです。
――風土や宗教、民族性の違いなど
どうしても共感できないものがでてくる
わけですね、外国では。
小林 共感ができないですね。ですから
個人の倫理を支える公共心とは国毎に
違うんです。国の範囲で公共性というものを
考えなければ、なるべく多くの人間に
共通の倫理観やモラルというものは
形成できないんじやないか、と思うんです。

公の言葉には覚悟が伴う
――戦中派の方たちは国を双肩に担
っていた、それ故に個人の規範も
しっかりしていたわけですね。
小林 公の言葉とプライベートな言葉とが
あって、それぞれのけじめがあるのが
まともな社会だと思うんですよ。
戦争に行く場合、「国柄やわが同胞を
汚す敵に対しては断固戦う」というべき
なんです。そりゃ、誰でも
「怖い、死ぬのは嫌だ、戦いたくない、
身内と安泰に暮らしたい」などという、
個人のエゴの部分はあるでしょう。
しかしそれは公に出して言うべき
言葉じゃない。
ところが今や日本は公の中でそういう
ことが堂々と言えてしまう世の中に
なってしまっている。
電車内で化粧をする女性から、
国益よりも自分の利益、省益を優先する
官僚に至るまで、今やプライバシーが
公共空間に流れ出してしまっている。
道徳心、公共心がないからそれを恥とも
思わないわけだけれども、実は
それはものすごく醜い社会なんです。
やはり人間の生き方として美しいのは
「公のために」という方向があるときです。
わしがオウムと戦っていたときは、
命を狙われていましたから、そりゃ
怖かったですよ。でも「本当はこわいんだ」
とか描いたらゴーマニズム宣言にならない。
個人のエゴを超えて「俺は絶対負けない」
という公的な言葉にしなきゃいけないんです。
するともう自分はそう振る舞うしかなくなる。
そこで自分が崩壊せずに済むという
ところがあるわけです。つまり公的に吐いた
言葉が自分に返ってきて、自分を支えて
いるわけです。要するに公的な言葉を吐く
ということは覚悟がいるわけですよ。
プライベートな言葉を吐くのに覚悟なんて
いらない。今、覚悟なくただだらだらと
しゃべっているという言論が多すぎる。
しかし、公に向かう覚悟ある言葉こそが
個人を成熟させていくわけです。
――少なくとも戦中派の人たちが
大東亜共栄圈と言っていた言葉には
覚悟が伴っていた。
小林 そうです。建前だけの言葉じゃなかった。
大東亜共栄圏という公の物語に命を賭けた
将兵がたくさんいた。そして彼らは
個を超えた勇気を我々に、
日本の歴史に残してくれたのです。
平成十年七月十七日インタビュ―
(「日本の息吹」平成10年8月号)

 

今や「息をするように嘘をつく」とまで
言われる、言葉に一切
何の覚悟も責任感もない人間が首相。
そして道徳心も公共心もない人間が
高齢者にまで大量発生して、
社会問題化してしまっています。

20年前は「暴走老人」なんて言葉もなく、
そんな世の中が来ようとは
思ってもいなかったのですが…。

『戦争論』が鳴らした警鐘は、
どこまで届いていたのか。
その検証も必要となってくるでしょう。

さあいよいよ今日・8月12日(日)、
TOKYO MXテレビの
『激論!サンデーCROSS』(11:59-13:25)の
「激論CROSS」のコーナーは、
「“戦争論”から20年~太平洋戦争をどう捉えるか~」
よしりん先生と呉智英氏が登場!
お見逃しなく!

東京以外の方は「エムキャス」で!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ