ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.8.19 20:51日々の出来事

中島岳志の新書を読み始めたが・・・

中島岳志の「保守と大東亜戦争」を読み始めたところだが、
やっぱりこの男は保守ではないなと感じる。
中島はやはり単なる「和製リベラル」であり、「薄甘いサヨク」
である。そのように断言せざるを得ない。

戦後世代の属国民の分際で、大東亜戦争は革新派が設計主義で
突入したなどと言ってみても、当時の戦争が限定戦争から、
国民を総動員せねばならない全体戦争に移っていった時代に、
今どきの保守思想なんか通用するはずがない。
他にどんな選択があったというのだ?

大東亜戦争は「アジア解放」を理念と掲げるしかなく、
「八紘一宇」の理念も必要だっただろう。
満州国を作るには「設計主義」が必要だし、石原莞爾の
世界最終戦争の設計主義も失敗したが、間違いとは言えない。
支那事変はさすがに失敗だったと思うが、それも、戦後の
属国民の我々が言う資格はない。

中島岳志が当時、生きてたら、何を成しただろうか?
秀才・保守オタクが軍部に抵抗したとも思えない。
いくら知識を仕入れても、保守にはなれないもので、
保守思想を教義にしてしまっては話にならない。
西部邁もこの人間を保守認定したことはミスだったと、
生きていれば気づけただろうに。

大体、「戦争賛美が保守なのか」とは、誰に向かって
言ってるんだ?
戦争それ自体を讃美するほど度胸のある奴がいるのか?
長谷部恭男もそうだが、勝手に案山子を立てて、石を
投げる手法は止めなさい。

中島岳志は、西部邁よりも、保坂正康のタコ壺史観を
継承する人間だろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ