ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.8.25 10:40日々の出来事

専業主婦も社会的貢献をしている

最近、秘書と行くパンケーキの店には、昼間から優雅な
専業主婦が赤ちゃんを連れてやってくる。
その友人の専業主婦も、赤ちゃんを連れていて、さすが
金持ちの赤ちゃんって、泣かないんだなと感心する。
とても大人しく、キョロキョロ周囲を見回して、わしの
顔を見つめたりするから、笑顔で返してやる。
驚いたのは、その主婦たちが、さりげなくマントを巻いた
かと思ったら、その中に赤ちゃんを入れて母乳を飲ませ
始めたことだ。
なるほど、今の母親はこんな風に乳房を隠して、優雅な
まま、人前で子供に乳をやるのかと、やたら感動した。
38%の専業主婦の中でも、こんな裕福な主婦の割合は、
10%もいないのかもしれない。

不思議に思うのは「ゴー宣道場」に参加する女性の中
に専業主婦が少ないことだ。
『ゴー宣』の読者には専業主婦もいるのに、「ゴー宣道場」
は外で働く女性ばかりのような気がする。
基本的に裕福な専業主婦は、社会への不満も少ないのだ
ろうと想像するが。

1980年の専業主婦の割合は65%もいたのに、今では
38%にまで激減している。
夫一人の収入では家族が食べていけないので、共働き
夫婦が増えたのである。
そのこと自体が、好景気ではないことの証明だ。

わしの母が外で働き始めたのは、わしが高校生になった
くらいからで、小学生の頃は専業主婦だった。
帰宅したら、いつも母がいて、「ただいま」と言えば、
「おかえり」と迎えてくれた。
小学生にとって、あの安心感は心地よかった。
情において冷酷な母だったが、算数の宿題を習った
こともあったし、妹と3人で、おやつにドーナツを
作ったこともある。
ずっと忘れていたが、近所の奥さん方と井戸端会議を
している風景も懐かしい。
あれが昭和の風景で、当時の専業主婦は8割を超えて
いたのではないか?

女性が外で働き出したのは、経済的に逼迫して来たから
であって、女性の自立なんてものは全然関係ない。
剛力彩芽ほどではなくても、若い女性は年収700万から
1000万くらいの男と恋愛結婚して、専業主婦になりたい
と願望するのが、圧倒的多数だろう。
美貌に恵まれて、頭のいい女性は、それが達成できる。

外で働けば、女性の自立とか、社会貢献しているとか、
そんな話はデタラメである。
資本主義の労働力として、駆り出されただけである。
「出羽の守」なら海外「では」女性が外で働いていると
言うのだろうが、だから日本人は遅れているという
「自虐史観」には、わしは決して影響されない。

専業主婦だって、資本主義の勝利者になる優秀な夫を
支えるべく、家事一般をやっていれば、社会貢献になって
いるのだし、本気で家事をやり始めたら、その仕事量は
無限である。
さらに優秀な子供を育てればいいのだし、経済的に
豊かなら、2人、3人と、優秀な子を育てれば、十分、
国家のため、社会のためになる。
「ゴー宣道場」に男女同権主義など気にかけない裕福
な専業主婦が参加すれば面白いだろうに。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ