ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.9.18 09:40日々の出来事

わしにも孫が出来ている

わしは漫画一本に人生を賭けるために、子供をつくる
ことを「断ち物」として生きてきた。
わしの子供は読者だと思って生きてきたわしにとって、
一番嬉しい便りが個人サイト当てにあったので、
紹介する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先生こんばんは。
9月1日に6歳になったばかりの、うちの娘(幼稚園)が、
家にある「おぼっちゃまくん」を読み尽くして、相当
キャラにも精通して、とうとう、棚の上にあった茶魔が
表紙の「わしズム」に手を出して、さっきまで楽しく
読んでいました。
最後に全員で、びんぼっちゃまの家でゴミを食べる、
という強烈なオチが相当面白かったようです。
親の自分(38歳)としては、別に子供に押し付けたり
むりやり読ませたりしていませんが、うちの家の本棚に
ある漫画は、ブラック・ジャックと火の鳥とおぼっちゃま
くんと、こち亀と、ゴーマニズム宣言しかないので、
勝手に娘や息子(7歳)は本棚の漫画を読んでいます。

そして、この前、NHKでオウム真理教の特集をした番組を
見て、とうとう、息子(7歳)が、僕に、「ねえ、お父さん。
オウムって何?」と聞いてきました。
僕が15歳の時、1995年に地下鉄サリン事件が起こりました。
もう23年も前のことです。
オウム事件の前後に、僕は、偶然本屋でSPA!を見て、
15歳のその時、初めてゴーマニズム宣言が、確か7巻
ぐらいまで出ていたのを知りました。
そして、ほんの数週間で、もちろん新刊で全巻を買い揃え
て、本当に毎日読んでいたのを覚えています。

だから、一瞬、息子に、どう説明しようか戸惑いました。
だから、息子にはこう説明しました。
「昔、オウムという、おかしなやつらがいて、地面の下
を通っている電車の中で、人が死んでしまう、毒ガス、
わるい毒をまいた。そしてたくさんの人が死んだ。」
そして、「あなたが、いつも読んでいる
「おぼっちゃまくん」を書いた先生が、お父さんがまだ
中学生のころに、この悪いオウムというやつらと戦った」
と言いました。

子供に限らず、人間は、自分が知っている何かと何かが
つながった瞬間、新たな発見や驚きを得ると思います。
息子もそうでした。

「で、おぼっちゃまくん書いた人が勝った」というと、
息子は、「みたい!今度見せて」と言ってきました。
うちの息子はとても驚いて、うれしそうな感じでした。

先生が常におっしゃっている、常に新しい読者が入る、
読者が入れ替わる、というのはこういう事だと思いました。
特に愛媛県は、未だに部落差別が根強く、信じられな
いことですが、普通に「お前はエタだ!と」何の根拠も
なく他人に言う人もいます。
僕も今までの人生で、誰かが誰かにそう言われるのを
2度間近に見ました。
ゴーマニズム宣言の1巻で、部落差別の章を見た時、
僕は頭を殴られたような衝撃を受けました。

僕は息子や娘にむりやり読ませたりは絶対にしませんが、
「おこっちゃまくん」は見せても理解できるなと思って
さっき見せたので、子供が興味があれば、みせたいなと
思います。

小林先生。僕は毎日とても仕事や家族と過ごす時間が
忙しく、とてもゴー宣道場などに参加する余裕は
ありません。
すみません。先生の作品を小さい時から読ませても
らって、今も本棚にあります。
読みまくって、落書きしまくって、子供がさらに読んで、
表紙がなくなったり破れたところもありますが、
「おぼっちゃまくん」は本当に僕と家族の大事な作品です。

自分が小学校に入る前に買って読んでいた作品で、
また小学生で買った本をそのまま、6歳と7歳の子供が
読んでいるのが、とてもうれしいです。
これからもがんばってください。
たぶん、こんな世帯が日本で何万とあると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わしにもとうとう孫が出来ている。
これで良かったのだと思えるありがたい便りである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ