ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2018.9.18 20:16日々の出来事

「新潮45」のLGBT差別特集に唖然としております

『新潮45』一冊買うのにものすごく大変な思いをした。
週刊誌や文芸雑誌が揃っているいつもの町の書店が、
改装工事で当分休業。
駅前に新しくできた、スターバックスと合体している
お洒落書店のほうには、ワインの本やら、AIの本やらが
雰囲気よく陳列されているだけで、
文芸雑誌、言論雑誌は売ってない。

仕方ないので仕事が終わってから、自転車で隣駅へ。
なんでこんな差別雑誌買うのに苦労せにゃならんのかと
思ったけど……帰宅してパラパラめくって、いま本当に
ギョッとしております。

『そんなにおかしいか「杉田水脈」論文』、
この特集はとにかく酷い。

藤岡信勝、小川榮太郎、八幡和郎、ユーチューバーの
KAZUYAなどなど7人が全力で水脈擁護をしているの
だけど……

藤岡信勝氏は全力で「生産性」という単語を擁護。
いわく「生産性とは再生産性」ということらしく、
「LGBTの人たちが次の世代の子供を再生産しない」
ということだからOKなんだって。
意味がわかりません!

小川榮太郎氏は、「LGBT=変態性癖」という、
完全なる無知と差別心を全力でさらけ出していて、
LGBTの権利を保障するなら、痴漢が満員電車で女を
触る権利を社会は保障すべきとか、
杉田水脈に輪をかけてますます醜悪な差別発言を
しまくっている。
雑誌として大問題でしょ、これ。

八幡和郎氏は、杉田脈とはフェイスブックを通じて
知り合った「最良のフェイスブック友達」だそうで、
フェイスブック上の様子をご紹介。
なんなんだこのばかばかしさは、一体。

『新潮45』、大丈夫かいね??

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第83回

第83回 平成31年 8/4 SUN
14:00

テーマ: 「皇室と憲法における平和主義」

INFORMATIONお知らせ