ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.9.30 11:01日々の出来事

やっぱり女って馬鹿だなと思うとき

男は男として生まれただけで尊くて、女は女として
生まれただけで卑しいという「男尊女卑」思想は
かつては普通だったし、今も国会議員の中にだって
存続している。

今でも家族の中で「俺が外で稼いでいるから、
おまえたちを養っていけるんだ」と威張り散らす
ような父親が自称保守の中にいそうな気がする。

議会の中で、女性議員が少子化対策を話している最中に、
「おまえが産め」とヤジを飛ばすような男性議員が
いたが、ああいうのは「男尊女卑」で間違いない。

わしは自分を「男尊女卑」だと偽悪的に言うが、もし
そうなら、妻や歴代の秘書たちが、わしを全力で支えて
くれたはずがないし、今の秘書もとっくに愛想を尽かせ
ているはずだ。

だがわしは男女平等の戦後民主主義者に見られたくない
わけで、芸のためなら女房も泣かすという演歌に感動
してしまうわけで、我が儘放題やってもついてくる女性
が複数いるのが願望でもある。

父権が必要と考える女性は、いくらでもいるし、かつて
「お父さんには、おかずを一品多く出す」ような、わしの
母はそれに該当するし、秘書みなぼんの家庭もそうして
いたらしい。

父権こそが「男尊女卑」だと糾弾するのがフェミニズムや、
男女平等・原理主義者であろうが、このフィクションの
大切さを分からない女など馬鹿だなとわしは思ってしまう。

わしが自分を「男尊女卑」だと偽悪的に言うニュアンスを
理解しないで、真に受ける女性がいるのなら、またしても
やっぱり女って馬鹿だなと思う。
「やっぱり女って馬鹿だな」という表現をすれば、
「やっぱり男尊女卑じゃないか」とフェミニズムの
男女平等・原理主義者は本気で怒るから、やっぱり馬鹿
じゃないかと確信に変わっていく。

私は職場で女性差別をされているという証言を、わしは
真に受けるつもりはない。
それは単に能力に対する評価なのではないかという疑惑
が生じるし、男にろくな目にあわされなかったという
個人的な恨みを、「社会が悪い」という飛躍した論理で、
自己慰撫しようとしている疑いも大いにある。

わしは女性に敬意を払わない「男尊女卑」を嫌うし、
日本社会はもっと男女平等になった方がいいとも思う。
しかし個人的な怨念を「男社会が悪い」とか、「システム
が悪いから女性が活躍できない」とか、「私はシステム
のせいで、まだ本気出してないだけ」と言う女を見ると、
ぶん殴りたくなる衝動に駆られるが、まだ女を殴った
ことはいっぺんもない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ