ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.10.24 22:42日々の出来事

山尾志桜里議員のパーティに行って来た

山尾志桜里議員のパーティーに行ってきた。
辻元清美が来ていて、わしにモノ申していた。
いわく、自分のことを誤解している、憲法に関しては
自分の考えは枝野代表と一緒だと。

本当だろうか?
だが、わしはまだ疑っている。
なぜか?
長妻議員もそうなんだが、公の場では、立憲主義を
標榜し、護憲ではないと言いながら、9条には手を
つけず、「解散権」など無難なことしか言わないからだ。

どこか無難な条文を変えると言い続けさえすれば、
立憲主義だけは標榜できるというズルい作戦でいるん
じゃないかと、わしは怪しむのである。
今後、山尾志桜里以外の立憲民主党の議員を監視して
いてくれ。

わしは思っているのだが、もしまた今後、アメリカが
戦争を始めたとき、日本が追従せねばならぬような
ことがあったら、わしは自民党はもちろん批判するが、
野党の方も、徹底的に糾弾する。
立憲的改憲をしなかったという無作為の責任を断固、
問うていくことになろう。

それから会場にいる国会議員に、10月28日に来なさい
と何度も言ってきたが、ほとんどの議員が日曜は地元に
帰らなければならないと言っていた。
結局、選挙運動が優先になるのだ。

辻元議員がスピーチで、地元が大切だと言っていた。
そりゃあ、当選しなかったら元も子もないのだから、
地元が一番なんだろう。
結局、選挙に強い政治家しか、天下国家に本気で関心を
持って、活動することは出来ないのかもしれない。

だが、国家単位で見れば、不幸なことである。
地元民のご機嫌取りをしておかねば、当選できない
となると、国家観を国民と共に、創り上げる機会は
失われてしまう。
国会議員は「当選」だけが目的。
これでいいのだろうか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ