ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.10.27 15:35日々の出来事

「ゴー宣〈憲法〉道場」くらい読めないのか?

「ゴー宣〈憲法〉道場」『属国の9条』を読んでいたら、
わしにとってはすごく面白く、井上達夫氏はさすがに凄い、
法哲学者とはこうまで精緻に考え抜くものかと感心した。

ただこれって一般市民が読めるのだろうかという疑念が
どうしても生じてしまう。

そもそも「ゴー宣道場」の門下生はまったくの一般市民
よりは読書や考えることが苦痛ではない方だと思うが、
その門下生だって読んだだろうか?
コメントが載ってるから、買うだけ買ったが、読んでない
者がほとんどだと思う。
そもそも読んだとて理解できるか?

一般人って一週間のうち、たった1日ですら、家に籠って
読書にふけるストイックさを持っていない。
土日の休みがあれば、目いっぱい外出して遊んでしまう。
そういうタイプが多いのではないか?
『ゴーマニズム宣言』は漫画だが、それすら読めない
くらい脳を使うのが苦痛なのだ。

そんな一般人に「立憲的改憲」を理解させるというのは
超難問で、なんとか安倍改憲の無茶苦茶さを理解させる
方法はないかと、「ゴー宣〈憲法〉道場」を読みながら、
ずっと考えていた。

来年は安倍改憲の発議が行われるのかどうか、もっと
現実味を帯びてくるのかもしれない。
枝野氏は国民投票で「反対」すればいいと言ってるよう
だが、わしは無理だと思う。
国民投票になれば、「反対」で押し通す野党は負ける。

そのとき、代案を持っていたのに使わなかった立憲民主党
は、またしても鳩山・菅政権のときのようなウルトラ大失敗
をやらかしたという評価になり、最悪の評価となるだろう。

そして自衛隊明記の改憲は、日本にとって最悪の状況を
招くことになる。
もっと規模の大きい「ゴー宣道場」を来年は開催する
必要があるかもしれない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ