ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.10.28 21:49日々の出来事

「もうひとつの立憲フェス」凄かった

「もうひとつの立憲フェス」、その議論の面白さ、
濃密さにクタクタになった。
井上達夫氏の情熱には全く圧倒される。
川上高司氏の安全保障の意見には学ぶべきところが
多くて、招いたのは大正解だった。
川上氏は必ず「ゴー宣道場」に呼ばねばならない。
宇野常寛氏がニヒリズムな感じではなくて、すごく
良くなっていた。
司会の安田真理さんが美人な上に頭がいいのも驚いた。

立憲民主党議員で来てくれた堀越啓仁氏、落合貴之氏、
立民候補者の前田純一郎氏は天下国家を考える理知が
あって、頼もしい。大いに今後を期待しよう。

彼らが来てくれたから、山尾志桜里氏も来やすくなっ
たのだ。今日の立民3名はいい仕事してくれた。

緊急に設営と警備を手伝ってくれたお助け軍団の諸君も、
完ぺきな安心を保障してくれた。
わしが一つ不満だったのは参加者人数がいまいちだった
ことだ。
やはり当選メールを受け取って、行けば必ず会場に
入れるという保証がなければ、遠くからやって来る
はずがない。

つくづく思うのは「ゴー宣道場」のパワーだ。
一般市民の中の最も良質な、議論を楽しめる人々が
集結するし、設営隊も完璧なマニュアルを作り上げて
いるし、団結力も強い。

その上、最近は自律的に地方の門下生が「ゴー宣道場」
を盛り上げ、楽しむ共同体をつくり始めた。
11月11日の京都での「ゴー宣道場」は、なんと勝手に
前夜祭までやるというからすごい。
全く新しい「公論」の文化をつくり始めている。

来年は大きな会場で、「ゴー宣道場」のマンパワーを
総結集して、「立憲的改憲」を議論する必要があるだろう。

自民党が4月「発議」、参院選より前の夏頃「国民投票」
とすると、どのタイミングでやるべきか、倉持氏
早急にわしに伝えてくれ。
会場を押さえなければ間に合わない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ