ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.11.19 10:44その他ニュース

神話講習会の感想文

11月17日、都内の小学校の若い先生達を
中心とした自主的な神話講習会
「古事記に学ぶ日本再発見講座」。
 
私は神話講義を2コマ行った。
 
当日の感想文から。
 
「先生がおっしゃっていた『異常なふるまい』を
神様だからと思うのではなく、何故そのような行動を
取ったかを考える必要があるという話は、今後古事記を
読む時に常に頭の中に入れて読んでいきたいと思いました」
(U先生、女性)
 
「(神話が)よく分からないなぁと思っていました。
ですが、高森先生のお話で、伝説と神話の違いから
理解できた上に、ゴールから話をしてくださったことで、
全てが繋がっていることを知ることができ、
もう一度、勉強をし直したいと思いました」
(M先生、男性)
 
「いつも高森先生のお話には、力あり、笑いありで、
いつまでも聴いていたいと思います。教師としての
あり方も再確認させていただけることも有難いことです」
(W先生、男性)
 
「1つの授業をするのに100のバックグラウンドを
持っている必要があるというお話がありました。
1つずつ知識や理解をふやしていきたいです」
(T先生、女性)
 
「毎回お伺いする度に新鮮で新たな発見があります。
今回は『できそこないの神様の成長の物語』というのが
特に心に残りました。7つの話のつながりもよくわかりました」
(O先生、塾経営)
 
「人間の意志によって最終的な決着を迎える
(日本神話の)ユニークさを学べたのは有意義でした」
(T氏、男性、会社員)
 
「『矛盾に気づかないと新たな発見につながらない』
とおっしゃいました。…そもそもそこに気づくまでの
高森先生や参加者の知識量や学習、智への探求心を目の当たりにし、
敬服するとともに、
自分自身の教養を深めていきたいと感じました。
…『教育者として何を伝えていくか』という問いに
示唆を与えてもらえる学びになりそうだと思いました」
(T先生、女性)
 
「『神話は出口から見なさい』はとても興味深かったです。
やっぱり古事記はおもしろい!!!
一本のストーリーになっていることがよくわかりました」
(K氏、男性)
 
「ビギナーもプロも包含するお話を有難うございました。
神武天皇にいたるまでのプロセスは
『日本の天皇はこうあるべきだ』という
『天皇観』であり、そうすれば日本に調和が訪れる
というとらえ方が今日の大きな学びでした」
(Y先生、男性)
 
皆さん熱心に参加されていた。
 
先生方の子供の教育に対する情熱に頭が下がる。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ