ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2018.11.21 15:44皇室

皇后さま、こちらにひかえて…

ジュンク堂書店池袋本店に立ち寄った。
 
すると文庫コーナーの平積みの台にポップが。
 
「皇后さま、こちらにひかえております」とだけ書いてある。
 
ハテ?
 
何の本かと思ったら、文春文庫に収められた
イギリスのユーモア小説、ジーヴズシリーズが
ズラリと並んでいる。
 
さすがジュンク堂、
なかなかユーモアのセンスがある
店員さんがおられるようだ。
 
先頃の皇后陛下のお誕生日での文
書による記者達へのご回答の中に、
同シリーズへのご言及があった。
 
天皇陛下が譲位された後、
ご自身のスケジュールに余裕が生まれたら
読んでみたい本として「ジーヴズも2、3冊待機しています」と、
ユーモラスに触れておられたのだ。
 
早速、それに反応して、ジーヴズシリーズの
コーナーを新設したらしい。
 
と感心していると、文庫本体の帯(おび)に、
先の皇后陛下のお言葉を引用し、「皇后陛下もご愛蔵。」
と印刷してあった。
 
ちゃんと敬称は「陛下」を使っている
(“さま”ではなく!)。
 
更に「ご愛“読”」ではなく、
「ご愛“蔵”」と正確に記している。
 
来年4月の天皇陛下のご譲位迄は
「待機」のはずだから。
 
念の為に、同文庫のシリーズ第1弾の
『ジーヴズの事件簿―才知縦横の巻』の奥付けを覗く。
 
すると「2018年11月15日第12刷」とあった。
 
明らかに皇后陛下のお誕生日での
ご言及を受けて増刷したものだ。
 
これを商魂逞(たくま)しいと
目くじらを立てる人がいるかも知れない。
 
でも私はそんな気にならない。
 
皇后陛下のユーモラスなご言及で、
国民の中から読んでみたくなる人が
現れるのは自然だし、それが容易(たやす)く
予測できる以上、版元としてはそのニーズに
応えるのが仕事だ。
 
むしろ出版社が正確な言葉遣いの
帯文(おびぶん)を練った事を褒めたい。
 
書店も、慎ましくユーモラスなポップを作って、
皇后陛下のユーモアにお応えしている様子が、
何とも微笑ましい(手書きのポップなら、
「皇后“さま”」の方がむしろ親しみやすいだろう)。
 
仕方がないので、皇室研究の資料(!)として
「才知縦横の巻」を購入した。皇后陛下には申し訳ない
事ながら、研究(!)の為にお先に失礼をして
読み始めると、これが実に研究の為になる。
 
どうやら、次の「大胆不敵の巻」も購入して、
更に研究を深める必要がありそうだ。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ