ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.12.1 11:33メディア

あまりにも不自然な古谷経衡の「アイヌ民族体験」

先ほど紹介した古谷経衡のツイートについて、まだまだ言うことがあります。

〈小学校・中学校・高校と札幌市内の公立校に通った私。そこで、同学年に1人ずつアイヌ民族がいた。顔つきが明らかに西欧人風で日本人とは異なっている。特に高校のときの彼は、超絶イケメンで超モテてた。正直嫉妬してた。私のアイヌ民族体験。こういう体験は「報道しない自由ですかぁ?」ネット右翼風〉

私は小・中・高と北見市内の公立校に通いましたが、「アイヌ民族」には1人も会ったことがありません。
アイヌ系を自称している人もいなかったし、顔つきで明らかに「日本人とは異なっている」とわかる人もいませんでした。

ところが、古谷の周りには「同学年に1人ずつ」いたというのです。
この、「同学年に1人ずつ」という表現がまた、よくわかりません。
公立校の小・中は学区もそんなに変わらないから、ほぼ同じ人の顔ぶれのままで学年が繰り上がっていくはずです。
高校ではかなり人が入れ替わりますが、それでも3年間はほぼ同じ顔触れで学年が繰り上がるはずです。

その同学年に「アイヌ民族」が1人いたのなら、「同学年に1人」と書くはずです。
しかし「同学年に1人ずつ」と書くからには、学年が上がる度に別の「アイヌ民族」の人が入れ替わり立ち替わり来たということになります。
そうでなければ、「同学年に1人ずつ」とは書きようがありません。
こんな不自然なことが、あるでしょうか?
何で古谷の行った学校だけ、そんなに「アイヌ民族」がいたのでしょうか?

しかも、その「アイヌ民族」が「明らかに西欧風」というのも不可解です。
私達がアイヌ問題の取材の過程で出会ったアイヌ系の人は、縄文系の濃い顔をした人や、普通の日本人と全く区別のつかない人ばかりでした。
一般的にも、アイヌといえば縄文系の濃い顔を思い浮かべるはずです。
それが、「明らかに西欧風」?

一応、樺太から渡って来たロシア系アイヌだった可能性も否定できませんが、だとするとなおのこと、アイヌは人種的にもいろんな人がいて、「アイヌ民族」と呼べるような単一の民族集団を造っていたわけがないという証明になります。

しかも、その人が「超絶イケメンで超モテてた」?「正直嫉妬してた」?
どこにも全然差別がないじゃないですか!
それのどこが問題なわけ?
「私のアイヌ民族体験」って、それで何を訴えたいわけ?

不自然です。
北海道出身の私から見て、あまりにも不自然です。

ねえ、ツネヒラちゃん、これ…ウソじゃないの?

トッキー

次回の開催予定

第91回

第91回 令和2年 9/13 SUN
14:00

テーマ: 「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

INFORMATIONお知らせ