ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.12.3 11:12メディア

古谷経衡についての考察

古谷経衡に関する、門弟の投稿をご紹介します!

 


 

 あぁ、オフィス・トゥー・ワン所属か、、、
 氏の経歴を調べてみて、初めにそう思いました。

 オフィス・トゥー・ワンとは、タレントやフリーアナウンサーのマネージメント兼、番組制作会社で、筆頭所属タレントは久米宏氏。過去には「ニュースステーション」の番組制作も請け負っていて、当時の羽振りの良さは今でもよく耳にします。
 所属アナウンサーやタレントは、大ざっぱな括りで言うと左寄りの団体出身者が多い事務所です。

 古谷経衡氏については、おそらくがネット右翼について切り込んだ若手言論人として評価されての所属なのでしょう。
 ただ実際のところ、知人のジャーナリストからは、氏がフィールドワークで聞き取りを行ったネット右翼については実は本人の知り合いや知り合いを手繰った内輪なコミュ二ティーへの聞き取りでしかなく、「あれは聞き取りサンプルにバイアスがかかり過ぎていて、聞き取り分母も含めて真っ当な統計とは言えない」とも聞いています。

 今回問題になっている小林先生へのデマ記事の中でも、
「筆者の独自調査(2013年)によると、ネット右翼の実に70%弱が首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)に集中・偏重している。」
 と、調査の方法や調査の分母など、科学的根拠が示されていない統計をベースに論旨を展開しているので、ロジック構成がスタートから破綻していてなさけなくなります。科学的根拠=俺、ですから。
 それを不自然に思えないという段階で、小林先生の主張についても読み取る力も無ければ、知的誠実さというものに思いを馳せることもないのでしょう。
 手塚先生の名を権威にものを言うのも、虫プロの流れを継いだアニメスタジオ出身の自分からすれば十二分に腹立たしいことでしたが、本当の部分で自分に自信が無いからこそ、すぐに権威にすがってしまうんでしょうね。
 それにしても、フィクションという想像力の翼を学術的根拠の盾にするという鎖で縛らないで欲しい。フィクションに厳密な学術的正確さを求めたら、「手塚は自分の漫画に嘘ばかりを描いていた」と言わないといけなくなります。それは結果として作家への冒涜に繋がることだということに気づいて欲しい。

 ただ、民主党時代にシールズを取り込もうとした時から立憲民主党はなんら基本的なところは変わってないんですね。「若者の間にある程度の知名度があって、自分たちの思想に近そうな人がいたら取り込みたい」というヨダレをすするような音だけが聞こえてくるようでうんざりします。
 オフィス・トゥー・ワンが立憲民主党に古谷氏を売りこんだのか、立憲民主党が近づいたのか、いずれにしても立憲民主党としては将来に大きな傷を残すリツイートだったと思います。

 デマ記事の最後に、
 「現在では「沖縄デマ」への抵抗こそネット右翼との戦いの最前線であり、またフェイクニュースに日本社会が勝つか負けるかを占う天王山とも言えるのである。」
 とカッコよく締めくくっていますが、自分がフェイクニュースの発信源となっているという壮大なツッコミ待ちの技術は立命館大学で学んだとかまさか言わないことを願います。元々わたしは京都の家系なので、本当にそれだけは勘弁してください。

 最後に、時浦さんに対して書いてもいない「くそったれ」という言葉をさも書いたかのように激昂していましたが、あの文脈を読む限りでは「バカって言う奴は当然くそったれぐらい言うだろう。ということは実際に書いていなくても書いたのと同様なことだ」と本人の頭の中で脳内変換されているので、おそらく時浦さんの「「くそったれ」という言葉は使ってません」という返答に対しても、「え?おんなじでしょ?バカって書くのもくそったれって書くのも似たようなものだから、実際に書いたか書いてないかなんて、そこ重要?」としか捉えていないと思います。

 自分の主張したいことを補完するために、集めてくる資料の選定方法や統計の解釈にバイアスをかけることは新聞やテレビでも正直やります。政治家や官僚はもっとやります。
 ただ、自分の主張したいことを補完するために、現実に対してバイアスをかけてまで主張するのは、これまで先人たちが積み重ね、守ってきた言論空間を破壊する行為でしかないとしか言いようがありません。

 追記:twitterの名前の@で「女政治家の通信簿」という女性差別むき出しの書籍を誇らしげに宣伝していますが、古谷経衡も立憲民主党も本当に大丈夫なのか???立党の立役者の小林よしのりと、政策立案の支柱の山尾志桜里を二重に冒涜しているが、気づいているのだろうか???



 明らかに世間に対してモノを書く資格も能力もない人間がまかり通っているってのは、無免許の酔っぱらい運転が横行しているぐらいに社会が被害を受ける状況じゃないかと思ってしまいます。
 物書きが免許制じゃない以上は、受け取る側の判断で淘汰するしかないわけですが、こんな無免許の酔っぱらい運転を重宝している立憲民主党、本当に、大丈夫か?

トッキー

次回の開催予定

第79回

第79回 平成31年 2/10 SUN
14:00

テーマ: 未定

INFORMATIONお知らせ