ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.12.4 22:56政治

福山幹事長「抗議は受け止める」?「受け流す」では?

 本日、立憲民主党の福山哲郎幹事長の記者会見で、日仏共同テレビ局France10の及川健二さんが、以下の質問をしてくださいました。

 立憲民主党の応援団である小林よしのりさんの読者が抗議している点について伺います。11月29日、文筆家・古谷経衡がネット記事『ネットを徘徊する怪物「差別的デマ」は、いま誰を餌食にしているのか』という記事を「現代ビジネス」に書きました。それを立憲民主党の公式Twitterアカウントが取り上げて、福山さんがTwitterでリツイートしました。
 ただ、記事には問題点があります。同記事ではネトウヨによるアイヌ批判が2014~2015年頃に最盛期を迎えたとした上で、「この運動の最前線に立ったのは、漫画家の小林よしのりであった」と断定しています。しかし、小林さんがアイヌを取り上げたのは2008年から2009年で、この記述は明らかに虚偽です。その他にも、小林よしのりさんに対する不正確な情報が見受けられますが、このような小林さんを虚偽で攻撃する記事を立憲民主党の公式Twitterアカウントが紹介し、それを福山幹事長がリツイートしたことをどのようにお考えですか?

 これに対して福山氏は、「抗議は受け止める」とは言ったものの、「リツイートは賛成しているわけではない」と逃げたそうです。

 結果、立憲民主党の公式ツイッターは現在も古谷経衡のデマ記事の引用ツイートを取り消していませんし、福山氏もリツイートを取り消していません。

「抗議は受け止める」?
何もしないんなら、「抗議は受け流す」でしょう。

 モリカケ問題で安倍首相が「批判は真摯に受け止める」と口先だけ言って何もしないとか、入管法改正審議の際のデータに誤りがあったことについて、山下法相が「我々としても重く受け止めなければならないと考えている」とは言ったけれども、どうせかまわず今国会で通す気だろうとかいうのと、何一つ変わりません。

 確かにリツイートは賛成するものだけをするわけではなく、その意見に反対する場合や、「こんなバカな意見がある」と晒すためにする場合もあります。
 しかしその場合は、必ずコメントを追加してリツイートするものです。
 コメントなしのリツイートは事実上、そのツイートに「賛成」の意思表示であるというのは、ツイッターでは常識です。

 ともかく、立憲民主党公式ツイッターも、福山哲郎幹事長も、迂闊な判断で古谷の記事を拡散させたという意識はなく、抗議を受けたということは認識したが、だからといって拡散ツイート、リツイートを取り消すつもりは無いということのようです。

トッキー

次回の開催予定

第79回

第79回 平成31年 2/10 SUN
14:00

テーマ: 未定

INFORMATIONお知らせ