ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2018.12.31 08:59日々の出来事

保守の真髄とは何だろうか?

西部邁氏の『保守の真髄』を読んだ。
西部氏が言っていたことの総集編のような詰め込み方で、
首肯できない箇所もあるが、再点検することも出来た。

一口に保守と言っても、蘊蓄で語っても意味はなく、
振舞い方で伝えていくしかない。
デタラメな振る舞いを行っている奴が、蘊蓄やコピペで
保守を自称し始めたら、保守に対する誤解がますます
拡がってしまう。

『差別論』『脱正義論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』
『天皇論』『民主主義という病い』『大東亜論』
『卑怯者の島』『堕落論』と描いてきた足跡がわしの
振舞いそのものであり、薬害エイズ運動や、新しい
歴史教科書をつくる会に関わったり、オウム真理教と
戦ったり、イラク戦争に反対する反応(西部氏と共闘)
など、その振舞い方の全てを知っている人は分かって
くれるだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ