ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.1.2 08:42日々の出来事

ユヴァル・ノア・ハラリ『ホモ・デウス』上巻を読んだ

ユヴァル・ノア・ハラリというイスラエル人歴史学者の
『ホモ・デウス』という本が全世界400万部突破という
驚異的な売れ行きらしい。
「人類はどこへ向かうのか?」と帯に書いてあって、
上下巻の大著だが、正月くらいしかこんなスケールの
大きな本は読めないなと思い、読み始めた。

ところが上巻を読み終わったところで、「なんて退屈な
本なんだ」と呆れてしまった。
普通の進歩史観で人類の歴史が書いてあって、どうやら
単純な科学万能・合理主義で、警告発しながらも、
このままいけば人類は神になるという筋書きらしい。

個々の情報としては面白い箇所もある。
科学が「人間至上主義」の宗教を誕生させたと書いて
あるのは頷くし、自由主義・共産主義・ナチズムなどを
「人間至上主義」の宗教と書いている。
この点は、わしと同じ認識だ。

新約聖書の「レビ記」には「女と寝るように男と寝ては
ならない。それはいとうべきことである」「必ず死刑に
処される」とまで書いてあるというのは面白い。
キリスト教はイスラム教と同様に同性愛を禁じている。
立憲民主党のリベラル派は、同性間の結婚を法的に
認めようとしているらしいが、彼らが奉じる「人権思想」
だって、キリスト教から派生して「自然権」を想定した
「人間至上主義」の宗教のはずである。
同性カップルの差別をなくすのは賛成だが、結婚制度は
大丈夫なのか?
次は科学の力で子供を欲しがるのではないか?

『ホモ・デウス』では、AIで革命がおこるみたいな
ことを言うが、新井紀子氏の本を読んだ後では、眉唾に
思えてくる。
四角形の、各頂点からの距離の和が一番小さくなる点を
スパコンで計算させたら、宇宙が始まってから現在まで
よりも長い時間を要するそうだ。
AIは単純計算なら役立つし、ホワイトカラーの職を
奪うだろうが、人間の「常識」すら学べない限界がある。

人間は不死にはなれないし、神にはなれない。
そもそも神は幸福なんて感じる存在か?
この本、下巻も読む価値があるのか?悩むわ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ