ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.1.13 16:31皇室

東京五輪招致と皇室

来年開催予定の東京五輪の招致活動に絡む
贈収賄疑惑がまたぞろ持ち上がった。
 
五輪招致には、
この種の“後ろ暗い話”が付きまとう。
 
にも拘らず、以前、当時は東京都知事だった
石原慎太郎氏が、あろう事か皇太子殿下に
招致委員会の名誉総裁に就任して戴きたいなどと放言。
 
殿下をお支えする東宮大夫(とうぐうだいぶ)に
「(招致活動は他国の都市との綱引きだから)
わが国の皇室はそのような活動にはお加わりにならない」
と一蹴された。
 
それに対し、
更に「木(こ)っ端(ぱ)役人が
何を言うか」といった暴言を吐いて、
顰蹙(ひんしゅく)を買う一幕もあった。
 
それでもあの時は、
石原氏1人がピエロになっただけで済んだ。
 
だからまだマシかも知れない。
 
問題なのは安倍政権の対応だ。
 
6年前ににブエノスアイレスで
IOC総会が開催された折。
 
天皇陛下ご自身が心配され、
宮内庁が渋る中、
高円宮妃久子殿下に事実上、
招致活動に加わられたと受け取られかねない形で、
無理にお出ましを願った。
 
直接、宮内庁に圧力をかけたのは
下村博文・文部科学大臣と
杉田和博・内閣官房副長官。
 
妃殿下ご自身のスピーチは
高雅かつ優美で、会場を魅了した。
 
日本の皇室の品格の高さを、
改めて国際社会に強く印象付けた、
実に見事なお振る舞いだった。
 
だが、その後の展開はどうか。
 
畏れ多い事ながら、
汚職疑惑が外国の司法当局の
捜査対象となるような活動の一端に、
皇族ご自身が加担したかのように
見られかねない。
 
これほど皇室に失礼な話はない。
 
当時、「政府は皇室に敬意を持ち、
品位を汚さないよう配慮し」た(八木秀次氏)と、
懸命に弁護した知識人もいた。
 
しかし、
今となっては、そうした弁解も空しい。
 
政府は自らの失態を自覚しているのか。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ