ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2019.1.27 16:46ゴー宣道場

2月ゴー宣道場、締切まであと3日!

今までテニスの試合など見たことなかったくせに
昨日は全豪オープンの決勝にくぎ付けになった。
大坂なおみ選手、がんばれ!!!
高校時代、テニス部を半年で辞めた私にとって、
テニスのルールははるか忘却の彼方。
ブレークってなんだっけ?
調べながら応援する、にわか&ミーハーぶりを発揮。
いや~、大坂選手、崩れてから自力で持ち直す
底力が本当にすごかったな。

さて、2月道場の応募締め切りが迫っていますよ!
2月10日(日曜)開催の「ゴー宣道場」は、
『国防のリアルと憲法の矛盾』題して、
国際政治学者の川上高司氏を迎えて議論します。

韓国のいちゃもんは度を越しているし、
一方で安倍政権がすがりついているアメリカは
メキシコとの「国境の壁」建設費用の問題で
予算が成立せず、政府機関が一か月以上も閉鎖されていた。
内政が混乱状態にあるアメリカがもはや
世界の警察としてふるまうことはないのかもしれない。
今、国際社会のパワーバランスが少しずつ変化していく、
そのプロセスの中にあるのだと思う。
日本はその大きな枠組みの中でどういう立ち位置を
示していくのか。
いつまでもアメリカの後をくっついていくだけか。
それとも・・・?

でもそこには、やっぱり憲法の問題がついてまわる。
今こそ、国防と憲法について真正面から議論しなきゃ!!!
それができるのはゴー宣道場しかありません。
川上高司先生にたっぷりお話をお伺いしたいと思います。
ナマで聞かなきゃもったいない!!

参加申し込みはコチラから
ここをクリック

応募締め切りは1月30日(水)ですよ~。
お忘れなく
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ