ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.2.5 17:14日々の出来事

「殺害予告」の人物から謝罪文

先日当ブログで紹介した、ツイッターの「殺害予告」の件ですが、門下生S氏が抗議文を送ったところ、何度かのやり取りの後に、小林先生に渡して欲しいとメールで謝罪文を託されたということで、それがよしりん企画に転送されてきました。

猛省している様子が伝わる謝罪文ですので、紹介しておきます(名前は伏せます)。

 


 

小林よしのり様

このたび、私の心無いツイートにより小林様を心身ともに大きく傷つけてしまったこと、大変申し訳ございませんでした。心より、お詫び申し上げます。

ツイッターという公的な場であのような「殺害予告」をするとは、実に卑怯かつ幼稚な行為であったと、また、小林様におかれましては生命の危機すら感じさせてしまったこと、誠に申し訳なく存じます。ネット上に拡散されていく自分の行為の愚かさを見るにつけ、なぜあのようなことをしてしまったのか、自分で自分を制御できない心の弱さを猛省しております。今となっては遅いですが、悔い改め、二度とこのようなことを誠心誠意、誓います。

小林様に今後一切身体的及び精神的な危害を加えるつもりは全くございません。どうかゴー宣道場や出版のご活躍をご存分になさってください。私が小林様のお宅や道場を訪問することも絶対いたしません。

なお、S氏よりのメールの返信にも書かせていただきましたが、今回の私の愚行のことを話題にするのは一向に構いませんが、私の個人情報などをメーリングリストなどで回覧するなどはどうぞご容赦くださるようお願い申し上げます。

改めまして、このたびの私の犯した行為について心よりお詫びを申し上げます。
本当に、申し訳ございませんでした。

平成31年2月4日

 


 

最近、「謝ったら死ぬ病気」の人ばっかり見ているせいか、あれだけのことを書いた人が、こうも全面的に非を認めて謝るなんてことがあるとは、思っていませんでした。これだけでも立派だとさえ思ってしまいます。

ツイッターなどをやってると、つい感情的になって筆が滑ることはあるものですが(自分にも覚えある)、失敗しない人はいないわけで、問題は失敗を失敗と認められるかどうかに尽きると思っています。
ともかく、この件はこれで終了です。

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ